続・長崎にあって哲学する―原爆死から平和責任へ