14歳からの哲学 考えるための教科書

14歳からの哲学 考えるための教科書
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 80 より
  • 購入9
  • クリック117
  • 言及数153ブログ
  • ブックマーク15users
「14歳からの哲学 考えるための教科書」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「14歳からの哲学 考えるための教科書」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 晩秋がそろそろ初冬に変わろうとする2010年の東京。会社員Sはさしあたり読書家と呼ばれている男である。その彼が渋谷区東に所在する、くにのもといをきわむるところの若木タワーにT教授を訪ねた。 S「先生、ごぶさたしてます」T「おお、佐伯元気だったか」S「ええ、まあ、いろいろありましたけど、この10年」T「そうか。そりゃいろいろあるよな」S「ところで、先生の『知性の限界』 拝読... 続きを読む

    高橋昌一郎『知性の限界』から読む哲学入門?本当は恐ろしい知性について - ...utubo2010/11/2014 users
  • 雑記【まえがき】最近人生におけるある種の「区切り」(と表現するにはあまりにささやかなものですが)がありました。そういった「区切り」をきっかけにして自分自身を振り返ってみるというのは、なかなかに面白いことに感じられます。「自分のために」、何か、役に立つことのように思えるのです。自分で自分を振り返るのは、面白くはないかもしれないけれど、いつかは役に立つこと、また... 続きを読む

    『本で語る自分 − 10代の私に影響を与えた本100』 - 稀な晴れ-読書と...kamiharu2011/06/295 users
  • 2013-12-09 「現代」を知るためにこれだけは読んどけっていうWikipediaの記事 冗語 Tweet Share on Tumblr 日本で最初の神前結婚式は、明治33年(1900年)に東京大神宮で行われた。神道は日本古来の伝統的なものだと考えられがちだが、組織宗教として体系化されたのは明治以降だ。現代の私たちにとって当たり前の常識や習慣は、ほんの少し昔まで常識でも習慣でもなかった。 「 続きを読む

    「現代」を知るためにこれだけは読んどけっていうWikipediaの記事 - デマこ...Rootport2014/08/244 users

「14歳からの哲学 考えるための教科書」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す