バックラッシュ! なぜジェンダーフリーは叩かれたのか?

バックラッシュ!  なぜジェンダーフリーは叩かれたのか?
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 67 より
  • 購入3
  • クリック323
  • 言及数131ブログ
  • ブックマーク18users
「バックラッシュ! なぜジェンダーフリーは叩かれたの...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「バックラッシュ! なぜジェンダーフリーは叩かれたの...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 2007年6月10日、熊本学園大学にて開催された「マスコミュニケーション学会」に参加して参りました。ワークショップのパネリストとしては、富山大学の斉藤正美さん(ジェンダーとメディアブログ)、シカゴ大学の山口智美さん(ふぇみにすとの雑感)、東京大学の北田暁大さん(試行空間)、特別ゲストの今井紀明さん(今井紀明のかけら)と共に行いました。会自体のレポートを掲載させて... 続きを読む

    荻上式BLOG - 「バックラッシュ」についてマスコミ学会で喋ったこと。seijotcp2007/06/23128 users
  • バックラッシュ! なぜジェンダーフリーは叩かれたのか?(キャンペーンブログ)これを途中まで読んだ。どこまで理解できてるか不安があるが、自分へのメモを兼ねて(大胆にも)野球を使った喩え話で紹介してみようと思う。一番興味を引かれたのが、バーバラ・ヒューストンという人が説く「ジェンダーセンシティブ」という考え方。しかし、 ある状況下でジェンダーが機能しているのか、どのよう... 続きを読む

    アンカテ(Uncategorizable Blog) - 不安ベースのバックラッシャーと富豪的...essa2006/12/1643 users
  • 『バックラッシュ! なぜジェンダーフリーは叩かれたのか? 』 はもう読む気がなかったのだが、ぱらっと手にとって気になって放っておけなくなった部分がある。 ヒュームの法則とは、「〜である」から「〜べきである」を導くことはできない という主張のことだ。ヒュームは主著『人性論』のなかで、「である/でない」という断言と 「べきである/べきでない」という断言とはまったく異なる... 続きを読む

    kalliklesの日記 - 「哲学の劇場」コンビのヒュームの法則理解kallikles2006/07/1229 users

「バックラッシュ! なぜジェンダーフリーは叩かれたの...」が好きな人は、こんな商品も購入しています