脳と心―クオリアをめぐる脳科学者と精神科医の対話

脳と心―クオリアをめぐる脳科学者と精神科医の対話
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1,039 より
  • 購入0
  • クリック12
  • 言及数17ブログ
  • ブックマーク1users
「脳と心―クオリアをめぐる脳科学者と精神科医の対話」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「脳と心―クオリアをめぐる脳科学者と精神科医の対話」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • ドゥルーズとガタリの『千のプラトー――資本主義と分裂症』が、このたび河出文庫に3分冊で収められることになった。訳者は、宇野邦一、小沢秋広、田中敏彦、豊崎光一、宮林寛、守中高明の6名。原書は1980年、翻訳書は1994年だから、刊行から30年、翻訳から16年を経た勘定である。私自身、この本とは短くないつきあいだけれど、未だに「読めた」という気がしない。 いや、誰かも言っていたように、本は読めないもの 続きを読む

    寝転びながら『千のプラトーを読む』 01 - 作品メモランダムyakumoizuru2010/09/076 users

「脳と心―クオリアをめぐる脳科学者と精神科医の対話」が好きな人は、こんな商品も購入しています

「脳と心―クオリアをめぐる脳科学者と精神科医の対話」を含む人気エントリー