生きることに責任はあるのか―現象学的倫理学への試み