古典は消えて行く、されど…… (花もよ叢書008)