歌を忘れたカナリヤは、うしろの山へ捨てましょか