人情紙風船 [DVD]

人情紙風船 [DVD]
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1,149 より
  • 購入1
  • クリック52
  • 言及数47ブログ
  • ブックマーク0users
「人情紙風船 [DVD]」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

哀しい映画である。貧しい長屋に住む浪人は、かつて父の世話を受けた男に士官を頼みに行くが、今日も門前払い。真面目で融通の利かない夫を持つ女房は、経緯をうすうす感じながら黙って耐える。長屋では首つり自殺があった。 楽しい映画である。その日暮らしの職人たちにとって、長屋はいわばワンダーランド。首つり...

「人情紙風船 [DVD]」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 本, 映画, 社会映画監督 山中貞雄作者: 加藤泰出版社/メーカー: キネマ旬報社発売日: 2008/10/01メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 4回この商品を含むブログ (7件) を見る『映画監督 山中貞雄』(加藤泰 著、(株)キネマ旬報社、1985)を読み終えた。山中貞雄の甥でやはり映画監督であった著者が、膨大な資料収集と関係者へのインタビューを経て、8年がかりで書き上げた労作である 続きを読む

    第十六師団の山中貞雄 - Ohnoblog 2ohnosakiko2010/10/0418 users
  • 6年前に書いたネタの書き直し。まだ梅雨明けしていない地方もあるのです(涙目)以下、随時追記&訂正予定。雨の日に見たい映画とは...? 雨の日だから雨のシーンがあればいい、というわけではなく、要は「湿り気」をどう感じさせるか、というのがポイントのような気がする。あるいは、閉鎖的な環境に閉じ込められた感じのモノで、どこまでも静謐で内省的な作品とか。そんな意味では、イ... 続きを読む

    雨の日に見たい/見直したい映画 - 士はおのれを知る者のために死すhibiky2012/04/273 users