Ecology Of Everyday Life 毎日の環境学

Ecology Of Everyday Life 毎日の環境学
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1,248 より
  • 小沢健二
  • EMIミュージック・ジャパン - CD - 2006/03/08
  • ¥ 2,577定価 ¥ 3,08616%OFF
  • 購入2
  • クリック358
  • 言及数404ブログ
  • ブックマーク24users
「Ecology Of Everyday Life 毎日の環境学」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

  1. The River / あの川
  2. Voices from Wilderness / 未墾の地よりの声
  3. Ecology of Everyday Life / 毎日の環境学
  4. Jetset Junta / 空飛ぶ政府
  5. The Sea(I Can Hear Her Breathing) / あの海(彼女の息吹きが聞こえる)
  6. 続きを見る

「Ecology Of Everyday Life 毎日の環境学」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 産業学, 音楽いま、ある人の論文というかエッセーというか童話のような文章を読んでいる。その人の作品は僕に大きな影響を与え、はっきり言えば僕はアーティストとしてのその人のファンなので、できたらこの論文も心情的には賛同したい思いがあるのだが、どうしても論旨の運び方に納得がいかない。この人の最終的な目標とするヴィジョンには共感するところ多いが、この人が言うような戦略... 続きを読む

    福耳コラム - 彼はポルポトになるのだろうかfuku332007/06/2354 users
  • 音楽こういうアーティストへのラブって人形愛的ないつくしみ方なんじゃねーのかな、と。/拘束された美、生々しさの排除された美。老いない、不変の。一種のフェティッシュなのだと思います*1。 「可愛らしい存在」であるためにこういった戦略をとったのは何もPerfumeばかりではない。というよりも、アイドルをアイドルたらしめている要素の根本的なところには、このような「生々しさ」の... 続きを読む

    「石版!」 - オリーヴ少女は小沢健二の淫夢を見たか?Geheimagent2007/09/0330 users
  • music, ozaken「小心者の杖日記」によると小沢健二が新公式サイトを開設したとのことです。Ecology of Everyday Life : Kenji Ozawaということでこのサイト名からしてニューアルバムのサポートサイト、というより季刊「子どもと昔話」に連載中の童話「うさぎ!」の第一回(第25号に掲載)が貼られていて*1、ニューアルバムとこの童話を関連付けて読んで欲しいという小沢の 続きを読む

    in between days - オザケンはいまなにを考えているかmohri2006/04/149 users

「Ecology Of Everyday Life 毎日の環境学」が好きな人は、こんな商品も購入しています