右大臣実朝

右大臣実朝
「右大臣実朝」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

「無頼派」「新戯作派」の破滅型作家を代表する昭和初期の小説家、太宰治の短編小説。初出は「右大臣実朝」[錦城出版社、1943(昭和18)年]。12歳の頃から実朝に仕え、その没後出家したかつての近習「私」が、実朝の死から20年経った時点から、その人柄や後半生を回想しつつ語る作品。「私」によって明かされる実朝像が緊...

「右大臣実朝」が好きな人は、こんな商品も購入しています

「右大臣実朝」を含む人気エントリー