蠅
「蠅」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

大正〜昭和初期の小説家で、新感覚派の旗手として知られる横光利一の短篇小説。初出は「文藝春秋」[1923(大正12)年]。真夏の空虚な場庭に、息子の危篤に間に合うように急ぐ農婦、駆け落ちの若者と娘、母親と男の子、田舎紳士等が馬車に乗るために集まった。しかし蒸し立ての饅頭を食べることを習慣としている猫背の馭者...