余と万年筆

余と万年筆
「余と万年筆」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

明治期の文学者、夏目漱石のエッセイ。初出は「万年筆の印象」[1912(明治45)年]。3、4年前に丸善でペリカンを2本買い、それをそのまま使っていたが具合の悪いこともいくかあった。「彼岸過迄」の執筆には一時代退歩してペンとペン軸を使ったが、逆に万年筆の便利さを理解することになった。ペリカンのかわりに内田魯庵...

「余と万年筆」を含む人気エントリー