話の屑籠

話の屑籠
「話の屑籠」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

大正時代に注目をされ、戦後まで活躍した小説家、翻訳者、児童文学作家である豊島与志雄の随筆。大正14年から昭和8年にかけての随筆をまとめた「書かれざる作品」[白水社、1933(昭和8)年]に収録。都会の街路には、いろんな話が転がっている。聞き逃され、忘れ去られるような話の屑籠には、拾いあげる価値のある素晴らし...