白痴

白痴
「白痴」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

昭和初期に活躍した「無頼派」の代表的作家である坂口安吾の小説。初出は「新潮」[1946(昭和21)年]。映画会社に務める伊沢は、豚と家鴨が同居する珍妙な下宿に住んでいる。そのとなりに住む白痴の女が突如部屋に現れたことから、彼の生活が変った。戦時下の異様な時間間隔と、立ち上る身体性をセンセーショナルに描き...

「白痴」が好きな人は、こんな商品も購入しています