思索者の日記

思索者の日記
「思索者の日記」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

非業の死を遂げた京都学派を代表する哲学者、三木清のエッセイ。初出は「文芸」[1939(昭和14)年]。1月5日、子供に誕生日を祝われて、ふと考える誕生や死についての考え方の西洋と東洋との差異。西洋では死は悲劇的で歴史的な事件として捉えられているが、東洋では自然的で日常的な死に価値を置いている。日本的な死とは...

「思索者の日記」が好きな人は、こんな商品も購入しています