春昼後刻

春昼後刻
「春昼後刻」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

明治後期から昭和初期に活躍した小説家、泉鏡花の短編小説。初出は「新小説」[1906(明治39)年]。静養のために逗子に一室を借りて暮らす散策子は、ほかほかと春の陽が射す野路をゆく。鍬を長閑に使う農夫の会話が繰り広げられ、春昼の風物を背景に話が進められていく。散策中に出会った和尚に「一年前寺に逗留していた客...