春の修善寺

春の修善寺
「春の修善寺」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

明治から昭和初期の劇作家・小説家である岡本綺堂の随筆。初出は「読売新聞」[1918(大正7)年]。自選随筆集「十番随筆」[新作社、1924(大正13)年]に収録。岡本綺堂は10年前の秋に「修禅時物語」を構想した源頼家の墓に前に再び立つ。10年の月日のうちに町は劇樹や倶楽部が出来て賑やかになる。しかし、綺堂は冷たい...

「春の修善寺」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す