鰻の話

鰻の話
「鰻の話」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

明治から昭和にかけて書、篆刻、陶芸、漆芸、画、食など多岐にわたり活躍した芸術家、北大路魯山人による随筆[書き下ろし、1935(昭和10)年]。夏はうなぎと言われるが、これは食欲減退する時期でも特別おいしく食べられるからだろう。うまい鰻の条件や天然物と養殖物の比較、旬や食べる頻度や焼き方などについて語る。