だしの取り方

だしの取り方
「だしの取り方」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

明治から昭和にかけて書、篆刻、陶芸、漆芸、画、食など多岐にわたり活躍した芸術家、北大路魯山人による随筆。初出は「星岡」[星岡窯研究所、1933(昭和8)年]。よい鰹節の見極め方、削り方、鰹節のありがたみを説き、大工の鉋を使うことを勧める。昆布だしの取り方などが綴られる。