手巾

手巾
「手巾」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

大正期に活躍した「新思潮派」の作家、芥川竜之介の短編小説。初出は「中央公論」[1916(大正5)年]。短編集「羅生門」[阿蘭陀書房、1917(大正6)年]に収録。東京帝国大学教授「長谷川謹造」は精神文化が堕落した日本の現状を憂いていた。息子を亡くした教え子「西山篤子」は、平静を装いつつテーブルの下で手巾を握り...

「手巾」が好きな人は、こんな商品も購入しています