大つごもり

大つごもり
「大つごもり」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

明治文学を代表する小説家、歌人である樋口一葉の短篇小説。初出は「文學界」[1894(明治27)年]。写実性を深め、一葉文学の転機とも言われる。主人公のお峯は貧しい叔父一家を救うために、主家の金二円を盗んでしまう。弱い人間が貧しさゆえに落ちていく罪の世界は、一葉の生活体験に支えられた発想であり拾われた主題で...

「大つごもり」が好きな人は、こんな商品も購入しています