たけくらべ

たけくらべ
「たけくらべ」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

明治文学を代表する小説家、歌人である樋口一葉の長篇小説。初出は「文學界」[1895(明治28)年]。全十六章から成り、吉原遊廓に接する大音寺前を舞台に、千束神社の夏祭りから、大鳥神社の酉の市までの季節の推移を共に展開していく少年少女の、いわば初恋の物語である。