路上

路上
「路上」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

大正から昭和期の作家、梶井基次郎の小説。初出は「青空」[1925(大正14)年]。友人と崖の近道をみつけた“自分”は、雨上がりの日に崖を通って家へ帰ろうとするが、ぬかるんでずるずると滑ってしまう。誰か見ていなかったか不安になるが、また誰もみていなかったこともまた悲しくも思われる。評論家高橋英夫は、「「路上...

「路上」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す