高野聖

高野聖
「高野聖」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

明治後期から昭和初期に活躍した小説家、泉鏡花の短編小説。初出は「新小説」[1900(明治33)年]。若狭へ帰省する途中の"私"は、一宿を共にした僧侶が若かりし頃に体験した怪異譚を聞く。この物語空間を、笠原伸夫は3層の「入れ子構造」と称した。妖しくも美しいリズミカルな文体の説話体形式で描かれた鏡花の代表作。

「高野聖」を含む人気エントリー