道楽と職業

道楽と職業
「道楽と職業」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

明治期の文学者、夏目漱石の講演筆記。大阪朝日新聞社の依頼で関西・中国地方でおこなわれた連続講演会の最初のもの。本文はじめに「1911(明治44)年8月明石において述」とある。職業は「人の為」のものであるが、芸術や哲学、科学などは自分本位の仕事である。漱石にとって文学は道楽であり本職である。それは「己のため...

「道楽と職業」が好きな人は、こんな商品も購入しています