碁石を呑んだ八っちゃん

碁石を呑んだ八っちゃん
「碁石を呑んだ八っちゃん」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

明治末〜大正時代に活躍した白樺派の作家、有島武郎の童話。初出は「読売新聞」[1921(大正10)年]。弟の八ちゃんといつものように兄弟喧嘩する「僕」。しかし、八ちゃんが誤って碁石を飲み込んでしまい……。教訓主義の御伽噺を退け、「子供の心持ちを標準として、大人のすることにそぐわない子供の同情者」として有島が...

「碁石を呑んだ八っちゃん」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す