正義と微笑

正義と微笑
「正義と微笑」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

「無頼派」「新戯作派」の破滅型作家を代表する昭和初期の小説家、太宰治の短編小説。初出は「正義と微笑」[錦城出版社、1942(昭和17)年]。8歳のときに実業家・政治家の父を亡くし、現在は病気の母と結婚を控えた姉、帝大生の兄と暮らす芹川進の、16歳春から17歳暮までの日記で、マタイ6章16節に刺激されて掲げた「微笑...

「正義と微笑」が好きな人は、こんな商品も購入しています