清貧の書

清貧の書
「清貧の書」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

昭和前期に活躍した小説家、林芙美子の中篇小説。初出は「改造」[改造社、1931(昭和6)年]。三度目の結婚となる加奈代はそれまでいずれも夫のふるう暴力が根本的な原因となり別れている。今度こそと思うがまたもや失敗したような状況に陥る。日に日に乏しくなり、その日の食べるものにも事欠く毎日が続き結婚生活が破綻...

「清貧の書」が好きな人は、こんな商品も購入しています