アオイホノオ(1) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

アオイホノオ(1) (ゲッサン少年サンデーコミックス)
  • 購入1
  • クリック1
  • 言及数20ブログ
  • ブックマーク0users
「アオイホノオ(1) (ゲッサン少年サンデーコミックス...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

1980年代初め。大阪の大作家芸術大学でTV・映画・アニメの講義を受けつつ、漫画家を目指す若者・ホノオは、しかしながら野望だけで具体的には何も動き出していなかった。そんなある日、何気なくサンデーを読んでいた彼は、当時はまだ無名の新人だったあだち充や高橋留美子の作品を目にして…?

「アオイホノオ(1) (ゲッサン少年サンデーコミックス...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 毎週の楽しみがひとつ終わってしまった。 連載の進行を飛び越えて終わってしまったのはまあ仕方ないところか。連載は運転免許の取得でダラダラしたりとか間延び感もあったしなあ。 しかし、教室を描くのが面倒なので学校に行くといきなりリングがあるという設定や、学園バトルギャグマンガという方向性は、島本和彦(つまり炎モユル)の出世作である「炎の転校生」へと引き継がれて行く。 ... 続きを読む

    ドラマ「アオイホノオ」完結そして日本SF展 - UEI shi3zの日記shi3z2014/09/2972 users
  • もとはtwitterに載せた文章を再構成します。 【シン・ゴジラ感想】1 きのう見てきました。 まことに面白く、映画館で一見の価値あり。 以下、箇条書き的に感想を。 庵野監督である以上、エヴァとの関連や、同じモチーフは当然でてくる。 音楽で、そっくり同じものを使うのは「サービスサービス」の一環だとしても(笑)、他に感じた点はというと… ・怪獣が幼生から成獣…のように形態が... 続きを読む

    「シン・ゴジラ」見て思ったこと色々。庵野秀明、東日本大震災、官僚機構と...gryphon2016/08/0628 users
  • 今年は会う人会う人、まず岡田斗司夫氏の話題とイスラム国の話題になって、それから本題に入る、というパターンになってきている。 まあようやく問題は収束しつつあるのかもしれないけど。 吉田豪さんが毎週燃料を投下するのでつい見てしまうし、イスラム国は毎日言うことが変わるので非常に混乱する。地球はどうなっているのか。もはやシンギュラリティは始まっているのではないか。 ... 続きを読む

    今だから敢えてアオイホノオを読み返す - shi3zの長文日記shi3z2015/01/2814 users