社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう! (だいわ文庫)

社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう! (だいわ文庫)
「社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう! (だいわ文庫...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

はじめに第1章 お金から見える世界第2章 異国で働く人々第3章 人生観が変わる場所第4章 共産主義国への旅第5章 ビーチリゾートの旅第6章 世界の美術館第7章 古代遺跡の旅第8章 恵まれすぎの南欧諸国 第9章 変貌するアジア第10章 豊かであるという実感さいごに 旅をより楽しむために若者の海外旅行離れについて?あとがきに...

「社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう! (だいわ文庫...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • アメリカでも日本でもクラウド・ソーシング市場では、びっくりするほど単価の安い仕事がたくさん掲示されています。それを見て、「これでは先進国に住む人の給与が下がってしまう」、「搾取が助長される」などという人もいます。でも、廉価な仕事が市場に溢れていることにはメリットもあります。 たとえばライティング(文章作成)はデザインなどと並び、クラウド・ソーシング市場におけ... 続きを読む

    「低価格ジョブ」は、民主的な市場に不可欠 - Chikirinの日記Chikirin2013/08/04113 users
  • 哲学者で作家の東浩紀さんからゲンロンカフェでの対談にお招きいただき、五反田に行ってきました。(以下、クレジットのない写真はすべて、ちきりん撮影) 対談が午後 7時からだったので、直前になか卯で早めの夕食。ゲンロンの対談は延長されるのが常らしく、この日も 5時間近く話してました。 チケットは 120人分が完売。結果として立ち見の方もあったみたい。長丁場なのに申し訳なかっ... 続きを読む

    東浩紀さんと対談@ゲンロンカフェ - Chikirinの日記Chikirin2014/09/2250 users
  • 先日ツイッターで「子供の頃、夏休みの宿題はいつも 8月末にまとめてやってた」と呟いたら、「オレも!私も!」というリプライがいくつもありました。 私はこのタイプの呟きを「武勇伝ツイート」と呼んでいます。 人は誰でも自分がやっていた“やんちゃな行為”について誇らしげに語るのが大好きです。 ただ、ネット上では注意が必要で、たいしたことがない(or 誰でもやってるようなこと... 続きを読む

    武勇伝バイアスに気をつけよう - Chikirinの日記Chikirin2017/11/1928 users