クラウドソーシングの衝撃 (NextPublishing)

クラウドソーシングの衝撃 (NextPublishing)
「クラウドソーシングの衝撃 (NextPublishing)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

クラウドソーシング(Crowdsourcing)とは、インターネットを通してワーカー(働き手)と仕事の発注側をダイナミックに結ぶシステムで、米国ではその仲介サービスに2000万人以上が登録しており、日本でも新たなプラットフォームサービスが立ち上がりつつあります。終身雇用が崩壊し、個人は自らのスキルをもとに会社にとら...

「クラウドソーシングの衝撃 (NextPublishing)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 前回は、クラウド・ソーシングが企業の採用プロセスや、社員のスキル&勤怠評価法を変えていくだろうと書きました。それだけでも十分に衝撃的ですが、この仕組みを利用し始めた企業はそのうち、それがあらゆる人事施策に活用できると気が付きます。 たとえば企業の中には研修の一環として、社員に「クラウド・ソーシング市場で仕事を受注するよう」命じるところもあるとのこと(得られた... 続きを読む

    会社員も市場に評価される時代へ - Chikirinの日記Chikirin2013/07/31116 users
  • 「クラウド・ソーシングが未来の働き方を変える」シリーズ、今日は、企業からみたその意義について、(コスト削減ではなく)オープンイノベーション & オープン・プロブレムソルビングに関する事例をご紹介します。参考図書は下記です。 クラウドソーシングの衝撃 雇用流動化時代の働き方・雇い方革命 (NextPublishing)作者: 比嘉邦彦,井川甲作出版社/メーカー: インプレスR&D発売日: 20... 続きを読む

    世界の知をクラウドで集め始めたグローバル企業 - Chikirinの日記Chikirin2013/07/24100 users
  • 先日も書いたように、クラウド・ソーシングによって、これから私たちの働き方は大きく変わるでしょう。今日はこの件について、仕事を発注する企業側からの視点で、その意味合いを見てみます。 企業側から見たクラウド・ソーシングには、以下の3つの視点があります。1)コスト削減2)オープン・イノベーション & オープン・プロブレムソルビング3)人事政策の大転換 今日はこのうち、... 続きを読む

    企業の競争力を左右する新しい労働力調達市場 - Chikirinの日記Chikirin2013/07/2276 users