有頂天家族 (The Eccentric Family) 第一巻 (vol.1) [Blu-ray]

有頂天家族 (The Eccentric Family) 第一巻 (vol.1) [Blu-ray]
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 249 より
  • バンダイビジュアル - Blu-ray - 2013/09/25
  • ¥ 1,500定価 ¥ 5,18471%OFF
「有頂天家族 (The Eccentric Family) 第一巻 (vol.1) [...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「有頂天家族 (The Eccentric Family) 第一巻 (vol.1) [...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 森見登美彦氏は机に向かってボンヤリしている。 机上には毛玉や天狗や半天狗や胡散臭い幻術師がこんぐらがっている。 有頂天家族の第二部は着実に進んでいるが、着実にユックリである。脳の谷間から滴り落ちる液体を朱塗りの椀に溜めているかのようにユックリと進む。 「しかし諸君」 登美彦氏は言う。 「前に進んでいるのであれば、いつの日か必ず終わる日が来るヨ」 (そうとも、いつの... 続きを読む

    2014-02-06 - この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよTomio2014/02/0615 users
  • すでに秋である。 森見登美彦氏はこの夏のことを振り返っている。 アニメ「有頂天家族」は登美彦氏に良い想い出をたくさんもたらしてくれた。南座のイベントに始まり、監督たちとたくさん喋り、富山のPAワークスへ遊びに行ったり、監督のサイドカーにのせてもらったり、人生で初めてオーディオコメンタリーに出たり、諏訪部氏と能登さんを京都に迎えて倉の中にある酒場でお酒を飲んだ... 続きを読む

    2013-09-24 - この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよTomio2013/09/2514 users
  • 舞台裏を公開しても楽しいことは何もないが、森見登美彦氏は『有頂天家族』の続編に苦労している。 モタモタしているうちに放送が開始され、放送中のテレビアニメを横目に見ながらその続編を執筆するという、もっとも避けるべき事態に巻き込まれてしまった。「なんでこんなことになったのか!責任者はどこか!」ということが人生には数多くある。そして、たいていそういうことは自分の責... 続きを読む

    2013-07-31 - この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよTomio2013/08/013 users