社長失格

社長失格
「社長失格」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

1年前のクリスマスイブに、1つのベンチャー企業が破産宣告を受けて倒産した。インターネットを使った新サービスで脚光を浴びた、ハイパーネットという企業だ。1996年3月期には売上高約7億円、経常利益約2億円を記録。大手証券会社や銀行などから融資の申し出が殺到し、米マイクロソフト社のビル・ゲイツ会長までが面会を求...

「社長失格」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 未踏をきっかけとして起業するということに対して僕は以前よりポジティブに捉えている。 起業して失敗しても構わないのだ。 今の日本、会社を潰してもクビを括ったりする人がいるわけじゃない。 夏野剛さんだって、起業して派手に失敗して、それからi-modeを作った。 失敗ということに対して前向きになることが、まず起業には重要だと思う。 僕も会社を作ろうと思った時、最初に考えた... 続きを読む

    起業する前に読んでおくべき本 小さな失敗があるから大成功する。あとラー...shi3z2015/02/25274 users
  • iモードの開発をはじめて3か月経った97年7月、夏野剛さんがチームに加わる。夏野さんと初めて会ったのは広尾のイタリアンレストラン「イル・ブッテロ」でだった。最初から最後までまくしたてるように自分のアイデアを話し続ける夏野さんは、真理さんとはまた違った意味で今まで出会ったことのないタイプの人で、ただただ圧倒された。新入社員に毛の生えた僕ですらそうだったのだから、ド... 続きを読む

    夏野さんがやってきた。 - 今日もうな充sigekun2015/11/067 users