修業論 (光文社新書)

修業論 (光文社新書)
  • 内田樹
  • 光文社 - Kindle版 - 2013/09/06
「修業論 (光文社新書)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

著者が長年続けている合気道修業の目的は「あらゆる敵をたおす」ことではない。「自分自身の弱さのもたらす災い」を最小化し、他者と共生・同化する技術を磨く訓練の体系である。道場での稽古を「楽屋」とし、生業の場を「舞台」とする。新たな学びを阻止する無知や弱さを「居着き」と捉え、これを解除し、守るべき私を廃棄...

「修業論 (光文社新書)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • プラクティカルなことを言語化するのはすごくむずかしい。でもしてる。すごい。修業には書き方が二つあって、修業(カルマのほう)と修行(doのほう)があります。武道だと do のほうをとる記述も多く目にしますが、この本ではカルマのほうで統一されています。この本を読んでいたら、ヨーガの武道と似ているところ、そうでないところが見えてきました。それは端的にいうと、「生きる技術としての修業」と「輪廻から抜けるた 続きを読む

    修業論 内田樹 著 - うちこのヨガ日記uchikoyoga2013/10/076 users