社会の抜け道

社会の抜け道
「社会の抜け道」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

私たちの日常の中にある「抜け道」を探して。“怒る”哲学者・國分功一郎と“煽る”社会学者・古市憲寿が、ショッピングモール、自給自足のコミューン、保育園など「社会の現場」に行って、考えて、とことん語り合う! 1年以上に及ぶ、ふたりの思考の軌跡。◎IKEAやコストコなどショッピングモールになぜ人は引きつけ...

「社会の抜け道」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 書評 革命と改良 社会問題の解決、ということについて、古市と國分が語り合っている本。一言で言って、國分が論じて古市が突っ込んでいる。だから國分の本だといえる。この本は社会問題の解決、ということがテーマで、オビにあるように、「あらゆる社会問題は『解決』しない。けれど、必ず“抜け道”はある」ということが主張の核になっている。 そして…なぜか本書には随所にマルクスが登場する。そんなに必然性があるとは思え 続きを読む

    國分功一郎・古市憲寿『社会の抜け道』 - 紙屋研究所kamiyakenkyujo2013/10/2462 users

「社会の抜け道」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す