匿名の彼女たち(1) (ヤングマガジンコミックス)

匿名の彼女たち(1) (ヤングマガジンコミックス)
「匿名の彼女たち(1) (ヤングマガジンコミックス)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

なまえを変えるには、嘘を言うには理由(ワケ)がある。――道玄坂、歌舞伎町、大塚、栄、古町、青森、飛田、そして自宅。男と女と“金”がある限り、生まれる“愛”と“業(ごう)”。中堅商社勤務の独身男(32)が日本全国の「嬢」と触れ合う、エロくて生々しくて、ちょっぴり温かい風俗叙情詩。

「匿名の彼女たち(1) (ヤングマガジンコミックス)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 『匿名の彼女たち』は、正直に言えばわりと楽しみにしているマンガの一つである。 風俗が好きな33歳のさえない独身サラリーマン男性が、全国に出張するさいに、ほうぼうの風俗店に立ち寄り、そこであった出来事を淡々と、主人公の視点から言えばペーソスを交えて描いていく作品で、「全国風俗図鑑」の役目をはたしている。 まず、なぜ既婚男性であるぼくが、この作品を「楽しんで」いるのか、その側面を書いてみる。 本作につ 続きを読む

    五十嵐健三『匿名の彼女たち』 - 紙屋研究所kamiyakenkyujo2017/01/236 users