「不自由」論 ――「何でも自己決定」の限界 (ちくま新書)

「不自由」論 ――「何でも自己決定」の限界 (ちくま新書)
「「不自由」論 ――「何でも自己決定」の限界 (ちくま...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

グローバル化の進展につれて「自己決定」が求められる時代。その背景には、人間は「自由な主体」であるという考え方がある。しかし「自由な主体」同士の合意によって社会がつくられるという西欧近代の考えは、ほころび始めてきている。「自由な主体」という人間観は、どう形成されたのか? 近代社会の前提を問い直す。