SHIROBAKO 第3巻 (初回生産限定版) [Blu-ray]

SHIROBAKO 第3巻 (初回生産限定版) [Blu-ray]
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 863 より
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント - Blu-ray - 2015/02/25
  • ¥ 4,380定価 ¥ 12,74465%OFF
「SHIROBAKO 第3巻 (初回生産限定版) [Blu-ray]」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「SHIROBAKO 第3巻 (初回生産限定版) [Blu-ray]」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 『SHIROBAKO』のバランス感覚にはいつも膝を打つ。「虚構と現実」のバランスだ。このテーマで馴染み深いのは今敏監督だろうか。混淆していく現実と夢の世界を精緻な筆致で描き、入れ子構造に収める独特の手法を用いていた。アニメーション制作にスポットを当てた『妄想代理人』第10話「マロミまどろみ」は、比較対象として興味深いエピソードだ。同じ題材を扱うにしても、今敏監督と水島... 続きを読む

    「SHIROBAKO」の描く虚構と現実のバランス感覚 - subculictatsu22015/02/02185 users
  • アニメ, SHIROBAKO SHIROBAKOの後半戦では、ストレスの溜まるキャラとして制作のタローから第三少女飛行隊(三女)出版社の編集者である茶沢に対象が変わった、というのが一般的な見方だろうと思いますしその通りだと思います。主に連絡遅れとか動きが遅いことからくるトラブルの発生源ともなっていて、ムサニが進めている三女のスケジュール遅延の一因にもなっていると思います。 ただし... 続きを読む

    第三少女飛行隊の原作編集の茶沢は本当に悪人なのか? - りきおの雑記・ブ...rikio05052015/02/1915 users
  • アニメ 羽海野渉さんのエントリ(「全て脚本家一人のせいにするなよ!――『アルドノア・ゼロ』と『PSYCHO-PASS』、『艦これ』」)が話題になっていてそれに便乗しようと思ってますが、そもそもこういう話題の時に、取り上げられやすい脚本家と名前が挙がりにくい脚本家が存在するように感じます。言うまでもなく虚淵玄さんは知名度も高いのですが、関わったアニメでのヒットも多くその功... 続きを読む

    賞賛される/叩かれる脚本家と、言及されにくい脚本家の違いとは?〜虚淵玄...rikio05052015/02/027 users