雪国<上>-Wisの朗読シリーズ(58)

雪国<上>-Wisの朗読シリーズ(58)
「雪国<上>-Wisの朗読シリーズ(58)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。」の冒頭部分が有名な川端康成の代表作。雪国の温泉宿を舞台に、東京に妻子のある島村と、土地の芸者である一途な駒子の揺れ動く心の襞を軸に、彼女とも知り合いの美しい葉子への関心と平行しながら描かれる。雪国の雪の白さ、冷たく澄みきった空気の透明...