インテル 世界で最も重要な会社の産業史 (文春e-book)

インテル 世界で最も重要な会社の産業史 (文春e-book)
「インテル 世界で最も重要な会社の産業史 (文春e-book...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

「半導体の集積密度は18?24ヶ月で倍増する」つまり「コンピュータの処理能力は指数関数的に向上していく」、1965年、インテルの創業者であるゴードン・ムーア博士が発表した論文に書かれていた半導体の能力に関する洞察は、「ムーアの法則」として、今日にいたるまで、情報産業にかかわるものが、逃れらない法則となった。...

「インテル 世界で最も重要な会社の産業史 (文春e-book...」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す