魔導の系譜 (創元推理文庫)

魔導の系譜 (創元推理文庫)
「魔導の系譜 (創元推理文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

孤独な魂の出会いが王国の運命を変える第1回創元ファンタジイ新人賞優秀賞受賞作魔導士が差別され、虐げられている国ラバルタ。田舎で私塾を開いている三流魔導士レオンは、魔導士の最高機関〈鉄の砦〉からひとりの少年を託される。幼くして家族をラバルタの騎士に殺され、桁違いの魔導の潜在能力がありながら、学ぶことを...

「魔導の系譜 (創元推理文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 最近のキャラノベ 今年のキャラノベで流行したのは、なんといっても「 時間もの 」でしょう。 ラノベでは時間ものは前々より人気の高いテーマでしたが、アニメ映画『君の名は。』の社会現象化によってますます加速。『君の名は。』はノベライズもベストセラーとなり、ノベライズとしては初めてダ・ヴィンチBOOKOFTHEYEARを受賞する快挙を成し遂げました。 実写映画に「HiGH&LOW」で注目... 続きを読む

    2016ラノベ周辺まとめ - 小説☆ワンダーランドnyapoona2016/12/2512 users
  • 最近、ライト文芸/キャラクター文芸/キャラノベへの間違った理解が目立ちます。 ライトノベルへの偏見を批判する者であっても、ライト文芸に関しては「 あやかしカフェのほっこり事件簿しかない 」「 多様性がない 」と認識してしまっていることも多く、大変つらいです。 ということで、そういった偏見をなくそうと思って、よく見るライト文芸への偏見とその反例としての作品を挙げました... 続きを読む

    ライト文芸雑語りへのリファレンス - 小説☆ワンダーランドnyapoona2017/03/187 users
  • シャーロック・ノート2 円居挽の学園裁判ミステリ。 探偵養成学校で起こる事件と、それを解き明かす探偵候補生の対決を描いた作品。 短編連作のかたちを取りながら学校で教鞭をとるレジェンド級探偵の登場と活躍を描き、最終的にそのすべてが大事件のカギを握るという構成と、過去に傷を負った少年少女の苦悩と再起を描く青春小説としての完成度が高い。 とはいえ、これをベストにしたの... 続きを読む

    昨年読んで面白かった本 - 小説☆ワンダーランドnyapoona2017/01/014 users