Hatena::ブログ(Diary)

asap@anex. RSSフィード

0000 | 00 | 01 |
2002 | 07 | 08 | 11 |
2003 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2009 | 03 |
2011 | 01 | 03 | 04 |
2012 | 03 | 04 |
 | 

2007-03-18

[]唐ゼミ☆『ジョン・シルバー(続編)』@東中野満天星。 唐ゼミ☆『ジョン・シルバー(続編)』@東中野満天星。 を含むブックマーク

http://redg.info/~karazemi/

久々の劇団唐ゼミ☆。金守珍さんの劇団新宿梁山泊アトリエでやったけど、そこも久々。さまざまなデジャブ感を味わった感じ。

芝居としては、音響音楽を中心とした演出が秀逸。音という点に関して言えば、間違いなく(僕が観た中では)今までの唐ゼミ公演でベストラストの音、光、役者の重なったカオスは、思わず意識がどっか遠くに放り込まれてしまいそうだった。

演劇というとやはりテントが中心で、演出も空間に溶かす演出が主になるんだけども、今回の演出は音も響き、光も映える小さいハコというのもあって、とてもソリッドというか、尖ってる感じがする。それを支える役者の演技も見事。最早安心して見られる域は通り過ぎたと思う。主演女優である椎野も、何回も演じるうちに、ジョン・シルバーを待つ女というキャラクターがかなり固く宿ってきた気がする。途中、本当に鬼気迫る。

と言う訳で、明日まで東中野やってますが、けっこオススメでございます。演劇や空間芸術が好きな方は一見の価値あるかも。

2007-03-13

[]石田ショーキチCM音楽提供。 石田ショーキチCM音楽提供。を含むブックマーク

ASAHI旬果搾りCM

入りのギター音色石田サウンドって分かっちゃう僕は、ある意味病気だと思います。15秒何処を切っても石田ギターコーラスリズムシンセ弦の音色もちょっとクセのある進行もイシダ。いしだいしだいしだ。

[]スピーチの原稿手品合唱ジョブスの三段噺。 スピーチの原稿〜手品、合唱、ジョブスの三段噺。を含むブックマーク

1月に今の会社転職したわたくしめでございますが、退職挨拶スピーチのときに、どうせ最後だから記憶に残ることをやろう、と、手品をやって去りました。東急ハンズで売ってるようなやつですが、けっこ反応がいいもんでした。

手品ってのは、実んとこ予定調和的で、結果どうなるかって予想できるもんでござんす。大きなハコからハコより小さいものでてくるとか(いや、これ逆だ…)、モノが消えるとか、トランプカード当てるとか。

にも関わらず受けるんです。なんでかって言うと、その結末にもっていくまでのプロセスの中に、意外性や演出があるからだと思います。

僕がなんで退職のときに手品やろうとしたかって言うと、趣味でやってる合唱指揮者の方がよくやってるからです。これみて、やってみよっかなと思い立ちました。

なんで指揮者手品なんだろう、て思いますが、実は手品音楽ってのは、似ているところがあると思うです。

クラシック音楽ってのはけっこう予定調和芸術であり、知ってる曲の再演でございますから、皆、どういう曲が鳴るのかってわかりきってるわけですね。けど、その演奏中のプロセスにある指揮者や演奏者の創意工夫が、芸術性に結びつくわけでありんす。

更に言うと、これ、ビジネスにも当てはめて考えることができると思います。

ちょいと昔の例でございますが、AppleiPhoneリリース。あれは、まさしく手品的な演出だったと思うところであります。皆、大体何が起こるかは実はわかってます。iPodケータイとくっつくとか、UI液晶タッチパネルになるとか、既に断片的情報マスメディア経由でリークしておりましたし。

にも関わらず、あれだけ騒がれる。それは、発表に至る、あるいは発表のショーのプロセスが練られたものだからだと思います。スティーブ・ジョブスの役者的振る舞いがそれを可能にしております。Appleは、プロダクトやビジネスモデルの優秀さもさることながら、お客様が何を求めているのか察知し、ジョブスを役者として演出し、そしてどっかんと騒がれるように仕掛けています。

僕は今サービスビジネス企画者なわけですが、サービスってビジネスにはこういう仕掛けがとっても重要になると思われます。お客様がどんな要素に興奮し、反応してくれるか、それを先回りし予測し、演出する必要があると思います。そんなことを考えながら、ビジネスっていうものをすすめられたらいいなぁ。と思ってみたりして。

2007-03-12

[]著作権保護期間問題トークイベント著作権保護期間問題トークイベント。を含むブックマーク

延長問題を絡めた著作権を考えるシンポ。三田までいってきました。以下、メモがてら。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0703/13/news057.html

段々と「人格権」「財産権」の混同が議論紛糾の根本原因だと言うのは、明瞭になってきて、心ある人には共有されてきたと思いました。これはそろそろ議題としては成熟の域に入るでしょう。

これがクリアになって次にたち現れるのは「財産」の所在としての「マスメディア」(佐野眞一さんの言うところの著作権業界)と「コモンズ/CGM概念」の対立ではないかという気がしました。「持つもの/持たざるもの」の議論ですね。既得権益サイドとの折り合いのつけ方というか。

僕なんかは、合唱とかコピーとか2次利用の世界(再現芸術とか実演とか)にいて、かつWEBの世界にいたりするわけで、この辺は割と切実な問題だったりします。次は落語家の方が来るようなので、その辺りの突っ込んだ議論がされると面白いかもと思いました。

ほんとは互いの利害関係とか抜きにして皆考えられるといんだろうけどね。それは難しい、というか不可能なんだろうなぁ…。皆、生きなきゃならんのだもんな。

懇親会では見知った顔少なくてかなりせつなかったんですが、2度目ましての津田大介さんと、お初だったid:copyrightさんや福井健策さんにご挨拶できて、おかげさまで実のある時間を過ごせました。

2007-03-11

[]capsule渋谷タワレコcapsule@渋谷タワレコ。 を含むブックマーク

行ってきました。踊ってました。

インストアチケット引換券」を「インストア入場券」とカンチガイしてたせいで、入れるかちょっと危なかったですが、タワレコの店員さんの理解が宜しく、御厚意により無事入ることができました。タワレコさん最高です。さすが、音楽がないと命とられるだけのことはあります。

曲は5曲くらいか。ディスプレイで正面からみると、中田ヤスタカが見えない糸で、左右に揺れ歌うこしじまとしこを操ってるイメージそのものでした。あのツマミは、こしじまの動きを制御してたんだと思います。

中田ヤスタカマイクとって生コーラスいれててびっくりした。そういうイメージはなんかなかったから。てゆうか、一応ヴォーカル生(だと思う)だったのが驚いた。Perfume口パクイメージがあったし。

腹の底に来るバスドラと、あのノコギリ音ベース。上にかぶさるピコピコ。短い時間だったけどしっかり踊らされて頂きました。欲を言えば、『グライダー』聴きたかったな。

Sugarless GiRL

Sugarless GiRL

[]新海誠監督秒速5センチメートル』。 新海誠監督『秒速5センチメートル』。 を含むブックマーク

全く上映されてるの知らなかったんだけど、通りかかったら「監督新海誠 主題歌山崎まさよしOne more time One more Chance』」とあったのみつけて、そのコンボは興味オオアリと衝動的に入ってみた。今更ながら、初新海。

光の使い方うまいなぁという印象。岩井俊二アニメーションにしたらこうなるかな、という感じか。プロットは、ポストムラカミ世代の匂いを随所に感じる。ちょっと台詞の語りすぎやプロットの演出過多な部分は気になったけど、連作3話全体でみると、案外バランスがとれてたと思う。キャラクターデザインがいかにもアニメ画で僕的にはイマイチ。声もいかにも声優声でやっぱりイマイチ

だけどんなことは最早どうでも良くって、映像とサウンドの絡みが素晴らしすぎた。特にディテイルの描き方が秀逸。

いや、以下もう客観的には評を絶対かけないので、適当に読み流していただきたいんですが。

あれです、宇都宮線の描き方。あれ私的には反則過ぎ。大宮を過ぎたあとの「ターミナル駅を抜けたら、一気に景色が開けて」というモノローグで立ち上る、あの路線独特の寂寥感。鼻をつく郷愁。随所に出てくる見知った地名。そこでもう客観的にこのフィルムは観れなくなってました。

トドメ主題歌の『One more time One more Chance』と、なんと唐突にBGMとして流れ出したLINDBERGの『君のいちばんに…』。この2曲並べますか。この2曲だけで自分語り原稿用紙20枚以上書ける自信ある、てくらいの思いいれある2曲だよ。しかも何気に、無関係そうに見えてモチーフとして効いているのだよ!これでやられないわけないじゃん!山崎主題歌って時点で出てくるのわかるからいいんだけど、なんで今更、高校生ふたりが買い物してるコンビニBGMや、カーステからLINDBERGの、しかもよりによってあの曲が流れ出すのか!これは何かの悪戯としか思えませんでしたわ。

……いや、取り乱して失礼。

そんなで余り客観的に観れない要因多すぎて判断しかねてますけど、とりあえず、新海作品はオールチェックの方向で行こうかと思わせるくらいには良い出来だと思います。リアリティあるウソを描きメタリアルを表出する、という、まさしくアニメの真骨頂ですね。

席をみると外国人が何故か散見されて、こういうのウケがいいのかなぁとか思ってみたりしました。僕の恩師がみたらどう思うんだろう。プロット気に入らなさそう。

2007-03-10

[]あずぴあ荻窪アルカフェあずぴあ@荻窪アルカフェ。を含むブックマーク

荻窪アルカフェオープンマイクにて、美メロオーボエピアノユニット「あずぴあライブでした。聴いて頂いた皆さん、ありがとうございました。お腹すいたからと、稽古後に御飯食べてたら遅刻して、トリになってしまいました。まぁお役目は果たせたみたいで何より。

セットリストはこんな感じ。スピッツ特集。

1:愛のしるし

2:Y

3:ロビンソン

次回のスケジュールも(できればもうちょっと長い演奏時間で)考えたいと思います。その際は皆さん宜しくお願いします。

2007-03-04

[]夏休みの予定。 夏休みの予定。を含むブックマーク

合唱団レコーディング無事終了しました。関係者の皆様、おつかれさまでした。詳細は後日ということで。今日は疲れました。

それはさておき、このオーディション通ったみたい。あやびっくり。

http://www.jcanet.or.jp/inter/APC2007/APYC2007_recruite.html

これもひとえに、存在をおしえてくれたAさんや、オーディション音源ピアノを弾いて頂いたPさんや、他、お世話になった皆々様方のおかげでございます。この場を借りて御礼申し上げます。という訳で、夏休みも兼ねて、7月は台湾島流し。実は初海外。

受かっといて言うのもなんだけど、煮え切らない思いもあるにはあるんですがね。それは言ってもしゃーないことでもあり、けどやっぱ複雑な心境もあり。まぁ折角の機会だし、これは人知及ばぬ誰かが行っとけと言っているんだと開き直ってみることにします。まぁなんとかなるさ。

 | 
0000 | 00 | 01 |
2002 | 07 | 08 | 11 |
2003 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2009 | 03 |
2011 | 01 | 03 | 04 |
2012 | 03 | 04 |

axs. (20040504--)
Connection: close