Hatena::ブログ(Diary)

明日とロボット このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-06-22

X10 mini pro (android 2.1)でソフトバンク プリモバイルのMMS送受信

色々なところで、mms.apkを置き換えることで対応させる方法がのってますが、
androidを2.1にアップデートしてしまった後では使えないモノが殆ど。
なので、一応メモ。

Android SDK

  • こちらより android-sdk_r11-windows.zipをダウンロード
  • Cドライブ直下などに解凍
  • マイコンピュータを右クリックproperty -> Advanced system settings下のAdvancedタブにあるEnvironment Variableをクリック
  • SDKの中のadb.exeのパスをPATHに追加する。
    • 古いバージョンではtools下にあったようだけど、r11のバージョンではplatform-tools下にあったので以下を追加した

C:\android-sdk-windows\platform-tools;


ルートを取る(管理者権限を取得し、内部のファイルにアクセスできるようにする)

※ルートを取るとサポートが聞かなくなるので自己責任で

  • X10 mini pro本体で、「設定」->「アプリケーション」->「開発」で「USBデバッグ」をオンにし、パソコンに接続
  • 簡単にルートを取るために、ここよりSuperOneClickv1.9.5-ShortFuse.zipをダウンロード

f:id:astrobot:20110623090709p:image

  • 解凍しSuperOneClick.exeを実行
  • Rootボタンを押すことにより、自動的にルートを取ってくれる。
  • Shell Rootボタンを押し、Shell Rootも取る。

mms.apkの置き換え

  • こちらよりMms.apk.jakeMod11をダウンロードし直接C:\下に保存
  • コマンドプロンプトを起動
  • 以下のようにダウンロードしたMms.apk.jakeMod11をSD下にコピー

adb push C:\Mms.apk.jakeMod11 /sdcard/Mms.apk

  • 次に以下の手順でMms.apk.jakeMod11を本体にコピーする
    • adb shellを起動し、superuser権限にする

adb shell
su

    • 本体のsystemフォルダのアドレスを確認するために、以下を入力しリストを表示

mount

    • その中でsdcardをマウントしてあるアドレスxxxxxを取得し、アクセス権限を変更

mount -o remount,rw -t yaffs2 /dev/block/xxxxx /system

    • 作業ディレクトリーをsdcardに変更

cd /sdcard

    • Mms.apk.jakeMod11を/system/app下にコピー

dd if=Mms.apk.jakeMod11 of=/system/app/Mms.apk.jakeMod11

  • 次に以下の手順でMms.apkがあらかじめ入っているか確認し、あるようならばリネームして退避し、Mms.apk.jakeMod11をMms.apkに改名する
    • ディレクトリーを/system/appに移動し、中身を確認

cd /system/app
ls

  • 1. もし、すでにMms.apkが存在している
    • 以下のように既存ファイルをリネームし、新規ファイルをMms.apkに改名し、アクセス権限を設定する

mv Mms.apk Mms.apk.bak
mv Mms.odex Mms.odex.bak
mv Mms.apk.jakeMod11 Mms.apk
chmod 644 Mms.apk

  • 2. もし、Mms.apkが存在しない
    • 以下のみでOk

mv Mms.apk.jakeMod11 Mms.apk
chmod 644 Mms.apk

  • そして携帯を以下のようにして再起動

reboot


携帯の設定

  • 携帯上で新しく入ったMessagingアプリを起動
  • 田キーで設定画面
    • Custom User-AgentでV702NK2などに変更
  • Access Pointの設定
    • Settings -> Wireless & networks -> Mobile networks -> Access Point Names
    • 田キーでNew APN

Name:自由
APN:open.softbank.ne.jp
Proxy:[未設定]
Port:[未設定]
Username:opensoftbank
Password:ebMNuX1FIHg9d3DA
Server:[未設定]
MMSC:http://mms/
MMS Proxy:mmsopen.softbank.ne.jp(2010/6/2追記)
MMS Port:8080
MCC:440[デフォルト]
MNC:20[デフォルト]
Authentication type:[未設定]
APN type:[未設定]

    • 田キーでsave

送受信が不安定なときは

  • handcentSMSをダウンロードして代用する

参照

2011-06-18

eee-controlの導入

ASUS S101のOSをクラッシュを期にubuntu 11.04をインストール。
ただ、XPの時と比べてバッテリーの持ちが目に見えて悪くなったので、その対策をgoogle。
どうやら、eeeubuntuという、eeePC仕様にチューニングされたバージョンが公開されていたことが発覚。
でも、今さらりインストールも嫌だと思って色々と調べていたら、どうやらeee-controlというツールがあるとのことで導入することに。

まずは、.deb packageを以下のコマンドでここからダウンロードしてインストール

wget http://danamlund.dk/eee-control/eee-control_0.9.4_all~karmic.deb
sudo dpkg -i eee-control_0.9.4_all~karmic.deb

最新版の .debファイルはここからダウンロードも可。

次に、eee-control PPA repositoryをThird Party Software Sourcesに登録して更新

sudo add-apt-repository ppa:eee-control/eee-control
sudo apt-get update


そして、インストールして再起動。

sudo apt-get install eee-control


タスクバーに常駐アイコンが表示されるので、CPUの回転速度などの設定も簡単にできるようになります。

参考:http://www.ubuntugeek.com/howto-install-eee-control-in-ubuntu-9-10-karmic.html