Hatena::ブログ(Diary)

明日とロボット このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-11-27

"perl^M: bad interpreter"とかいうやつの簡単な対処法

perlのスクリプトをMacで実行する時にたまに

-bash: ./scriptName.pl: /usr/bin/perl^M: bad interpreter: No such file or directory

と怒られて、調べるのも面倒なので直接pathもコマンドでうってたんだけど、
ふと思い立って調べてみたのでメモ。

どうやら問題は、windowsでコード書いて、Macで実行してたこと。
改行コードが違うことが原因なのだと。

簡単な対処法は、コードの最初の

#!/usr/bin/perl

の、perlの後に、下のようにそのあとを無視する"--"サインをつける方法。

#!/usr/bin/perl --

2011-06-18

eee-controlの導入

ASUS S101のOSをクラッシュを期にubuntu 11.04をインストール。
ただ、XPの時と比べてバッテリーの持ちが目に見えて悪くなったので、その対策をgoogle。
どうやら、eeeubuntuという、eeePC仕様にチューニングされたバージョンが公開されていたことが発覚。
でも、今さらりインストールも嫌だと思って色々と調べていたら、どうやらeee-controlというツールがあるとのことで導入することに。

まずは、.deb packageを以下のコマンドでここからダウンロードしてインストール

wget http://danamlund.dk/eee-control/eee-control_0.9.4_all~karmic.deb
sudo dpkg -i eee-control_0.9.4_all~karmic.deb

最新版の .debファイルはここからダウンロードも可。

次に、eee-control PPA repositoryをThird Party Software Sourcesに登録して更新

sudo add-apt-repository ppa:eee-control/eee-control
sudo apt-get update


そして、インストールして再起動。

sudo apt-get install eee-control


タスクバーに常駐アイコンが表示されるので、CPUの回転速度などの設定も簡単にできるようになります。

参考:http://www.ubuntugeek.com/howto-install-eee-control-in-ubuntu-9-10-karmic.html