Hatena::ブログ(Diary)

明日荷の庭  

2017-01-23 吉野葛

インフルエンザが流行っている様子。

   facebookではいろいろUPされていて、大変そうです。

我が家は今のところ、大丈夫!!

寒い季節、昨年購入してきた吉野葛をお味見してみました。

上品な包装。

f:id:asuka201011:20170115113118j:image:w360


吉野桜をイメージした葛。

f:id:asuka201011:20170115092116j:image:w360


優しい味・・・。

f:id:asuka201011:20170115092331j:image:w360

関根昭太郎さんの器で愉しみました。

この吉野葛は昨年銀座ブロッサムで開催された、

「飛鳥学」講演会で購入しました。

2017-01-19 猫も歩けば

川越美術館の特別展「猫まみれ展」が始まっています。

 全国巡回展で関東では川越が初めてだそうで、

 連日多くの方で賑わっています。

f:id:asuka201011:20170117132725j:image:w360

美術館風景。

f:id:asuka201011:20170117132414j:image:w360


このところ漱石から始まって、すっかり猫ブーム。

この「猫まみれ展」レオナール・フジタ藤田嗣治)、竹久夢二

アンディ・ウォーホル江戸時代歌川国芳歌川広重、、、

他 古今東西の沢山のアートな猫のコレクションが展示されています。



以前から好きだった、福島県柳津町の斎藤清の版画も出品されています。

雪国の風景の作品が有名ですが、今回の猫の作品も素敵です。

柳津の斎藤清美術館には何度も足を運びました。



また、展示室入り口には、東京芸術大学大学院教授の藪内佐斗司氏の

「猫も歩けば」というタイトル、、、の作品があります。


前回の明日荷の庭に「犬も歩けば・・・」の記事を書いたばかり、、、、

思わず ・ ・ ・ と一人で愉しんでします。

展示室内は撮影禁止なので、写真が撮れないのが残念、、、。


この「せんとくん」  随分前から明日荷のギャラリー内にありますが、

藪内佐斗司氏のデザインです。


f:id:asuka201011:20170119153557j:image:w360

せんとくんは、2010年に奈良県で開催された

平城遷都1300年記念事業(平城遷都1300年祭)の

公式マスコットキャラクターであったが、

2011年より奈良県のマスコットキャラクターとなった

鹿の角が生えた童子の姿をしている。(ウイキペディアより引用)


奈良県明日香村からも今年の広報1月号も送られてきました。

f:id:asuka201011:20170119153452j:image:w360

2017-01-15 1月の花あしらい

*1月の花あしらい

   花材 : 明日荷の庭の植物

        ユキヤナギマンリョウカシワバアジサイ

        ロウバイ 

   花器 : 陶芸家 矢萩典行氏の<東天紅>をイメージした花器


f:id:asuka201011:20161226153711j:image:w360

東天紅』 玄侑宗久 著

伊藤彰規 表紙 挿し絵、 矢萩典行 編集 デザイン

2017-01-12 文学の中の干支

*今年の干支<酉>の記事が続きましたが、

 2014年5月、明日荷で「犬も歩けば展」を開催しました時、

 この企画に併せて玄侑先生の短編『東天紅』の小冊子を作成しましたが、

 この物語の中で鶏が大きな役割を果たしています。

f:id:asuka201011:20140319125432j:image:w360

f:id:asuka201011:20140319125433j:image:w360




  この物語は東日本大震災をテーマに、福島に住む夫婦の切ない生活が描かれていますが、

  冊子作成にあたって、ご友人の矢萩典行氏が編集し、

  現代アート作家の伊藤彰規氏が 

  挿し絵を描かれました。

  尚、この作品はこの年の文学界3月号芥川賞150回記念特別号 

  掲載作品です。


f:id:asuka201011:20140510074859j:image:w360

 玄侑宗久 著 ・ 伊藤彰規 表紙・挿画 ・ 矢萩典行 デザイン



  この時ギャラリーにお出かけ頂き、ご予約の方のサインをして頂きました。

  即興で、竹を中心に描いたサインが<コケコッコウ>でした。

  このサインを目の前でして頂いたことは、言葉も出ないほどの

  驚きでした。


f:id:asuka201011:20140509194904j:image:w360


f:id:asuka201011:20161226152050j:image:w360

東天紅 って、、、物語の最後の方に 「東の空が紅に明けてくるのは、

原発があってもなくても、やっぱりいいもんじゃ」

という表現もあります。

そういえば、今年の初日の出を見に行った時、

近くの民家からも鶏の鳴き声が聞こえてきました。

f:id:asuka201011:20170101070127j:image:w360

2017年1月1日の初日の出 






DMの写真の中でで芸術選奨文部科学大臣賞を受賞された

『光の山』は 世界各国で翻訳されていますが、

今回、イギリスでも翻訳されたそうです。

https://www.theguardian.com/books/translation-tuesdays-by-asymptote-journal/2016/dec/27/translation-tuesday-mountain-of-light-by-genyu-sokyu-excerpt

2月26日には早稲田大学でも講演会があるそうです。

詳しくは玄侑先生 ホームページをご覧ください。

http://www.genyu-sokyu.com/





編集者で陶芸家の矢萩典行氏もこのテーマに併せて、

花器を作られました。

f:id:asuka201011:20161226151718j:image:w360


  

2017-01-09 富士山の中の干支

*伊藤香奈さんの今年のカレンダー。

  松竹梅の中に混じって、干支の酉が描かれていました。

エネルギーに満ちています!

f:id:asuka201011:20170106112704j:image:w360

今年も何人かの方から、伊藤香奈カレンダーが欲しい・・・

というリクエストがありました。

f:id:asuka201011:20170106113047j:image:w360

香奈さんは昨年は新橋パークホテル東京の壁面を描く、

アーティストに選ばれて大活躍でした!

他にも千葉大学医学部小児病棟の壁面を描いて、

病気の子供たちを癒す絵で、活動されています。



随分前の、香奈さんのタペストリーにも

親子の鶏が描かれていました。

f:id:asuka201011:20170107100840j:image:w360