Hatena::ブログ(Diary)

AT-WORLD このページをアンテナに追加 RSSフィード

Pippin(ぴぴん)のUltimaOnline諸々の日記です。
一時的に復活中。

2006-01-31

[][][]好ゲーム

ログあげられたら張ります。*1人狼Online (2004.10.26〜2010.10.12) - エラー

本日ゲームは終始狼側が有利に進めましたが、狂人カウンター狂言によって村が自ら未使用祈祷を吊るピンチに追い込まれ、

ここを逆に狼側に救われつつも結局狼側の勝利となっていくゲームでした。


大きなポイントは2点

  1. 狂人自殺による狂人カウンター狂言(以下、自殺カウンター狂言とする)*2
  2. 狂人狂人ぽく振舞うことで同室者がシロ(村側)っぽい印象を与える

1.について

これはロジック的にやや無理なところがあったのですが、その無理加減に誰も気がつかずカウンター狂言を行った狂人の演技力によってすんなり信じられてしまいました。

おまけに、真祈祷がここで名乗り出てしまったため、こちらが吊られるそうになってしまいました。

僕個人の考えでは、自殺カウンター狂言は余り得策ではありません(狂人のカウンター狂言 - AT-WORLD)。

なぜなら、狂人2人が単に消されてしまう可能性が高いからです。

メリットとしては、狼の身代わりでリンチを受ける、真祈祷に名乗りださせるという2点があります。

今回は真祈祷が名乗り出たため、カウンター狂言は成功といえましょう。

ただし、今回自殺した狂人は狼の可能性が低かったのですが、これは別個(3人部屋から見る狼予想 - AT-WORLD)に書いておきましょう。


2.について

1人の狂人が狼側に対して2度も偽ブロックを行っています。

これによって、ブロックを行った狂人はあからさまに狂人と見えるのですが、

それ以外に、ブロックされた相手はそのときは何もしていない、つまり村側っぽく見えるという効果があります。

印象操作というやつです。

狂人狂人っぽく振舞うことによって、狼が有利になるということがあるということが意外でした。


僕がやってたこと

役は牧師

初日会議で、狼の見当がついていたにもかかわらず、見当を付けた狼から噛まれてしまった。

これが痛かった。

噛まれたときは、「ああやっぱり」という感じでした。

で、その時点で初日から「自分で狼臭だしてたかなー*3」と思ったので、

敢えて狼を装い、狂人をだます作戦に出ました。

結果、村側だけがコロッと騙され、狂人は騙されなかったか(逆に、焦ってか)、いい仕事をしていました。

完全に裏目に出てしまいました。


感想

狂人がすべてを動かしていたようなゲーム

村側はおろか、狼でさえも狂人の手の中で踊らされていたような印象を受けました。


関係ないんですが、11,12人ゲームのときに好ゲームや自分が活躍できたなあと思えるゲームが多い気がします。

8,9人では狂人の数が少ない上、配役のバリエーション常識の範囲内であることが多いのに対し、

11,12人では配役のバリエーションに富み、尚且つアドバンスルールが採用されることが多いため、このような傾向があるのではないかと考えられます。

[][][]3人部屋から見る狼予想

ログ(人狼Online (2004.10.26〜2010.10.12) - エラー)を見たら分かるのですが、幽霊PTで僕が「そのカウンター狂言ロジック的に無理がある」と叫んでいますが、

これは次のような理屈によります。


まず、3人部屋の指名順で狼の予想をある程度つけることができます。

どういうことかといいますと、狼がその部屋に2人居るかどうか、ということが予想できます。

例えば、A→B→Cと指名したとします。

このとき、狼が2人居る場合、「AとC」である可能性が高いです。

「AとB」及び「BとC」である可能性は低いです。


それはなぜか。

まず、「狼が3人部屋で2人を占めるメリットがあるか」を考えれば簡単に納得できます。

3人部屋で狼が2人居る場合、狼でない1人を殺すと、両方の狼が容疑者となります。

後々までこの容疑はついて回ります。

ところが、3人部屋で狼が1人であった場合、狼でない人にも容疑がかかります。

つまり、3人部屋で狼が2人を占めることは、2人の狼を容疑者にする上、本来作り出せるはずの容疑者を減らす結果にもなります。

3人部屋で2人の狼がいるメリットは、残りの1人が牧師の場合のみです。

この場合は、2人で噛み殺すも良し、敢えて噛まない - AT-WORLDで説明した作戦を使っても良しですが、

如何せん、牧師が同室した場合に限られてしまうのが難点です。

「意図せず3人部屋に狼が2人入ってしまい、たまたまその同室が牧師だった」ときに有効となり得ます。

したがって、3人部屋で狼が2人入りたがる可能性は低い、と考えられるのです。


3人部屋を指名で作るとき、狼が狼を指名することは即ち3人部屋に狼が2人入ることを意味します。

これは狼にとってデメリットなので、3人部屋を作るとき狼は狼を指名する可能性は低いです。

よって、直接指名のない「AとC」が狼である可能性はありますが、それ以外の組み合わせは考えにくいのです。


これを踏まえて、2006年1月31日第1ゲームを見ていきましょう。

まず、僕の初日の部屋ですが、Bio→puuuu→Pippin の順で指名がなされており、

翌日BioさんとPippinの間で相互ブロックがなされています。

相互ブロックを狼同士で行うのは、メリットが感じられませんので、この2人は同時に狼ではありません。

また、このうちの1人が狼である可能性は高いです。

そうすると、前述のロジックによって、puuuuさんが狼である可能性が低くなります。

したがって、その翌日にあった自殺カウンター狂言が非常にロジック的には弱いものになってしまうのですが、

それに気づく者はなく、すんなりカウンターしたWeddingさんは「狼または祈祷」と受け入れられてしまったようです。

幽霊PTで言いたかったのはこういうことです。*4


もし、狼の予想を立てたとき、3人部屋の指名で連続した2人が狼だったら、その予想は間違っている可能性が高いのです。

[][]1月分集計

戦績

1月トータルでの戦績は次のようになりました。

人狼  1勝 3敗 25%
狂人  0勝 5敗 0%
狼側  1勝 8敗 11.11%

祈祷  1勝 0敗 100%
牧師  3勝 2敗 60%
村人  2勝 3敗 40%
村側 6勝 5敗 54.55%

まずまずの成績。

だけども、狂人の成績が悪すぎです・・・


印象に残ったゲーム

*1:ログ:今日当たったパッチのせいか、ログが取れていませんでした。

*2狂人自殺によるカウンター狂言狂人が2人同室し、片方が自殺した場合に残った狂人がそれをカウンターだということ。

*3:狼臭:初日会議で「狂人自殺しろ」とか言ってました

*4:もっとも、幽霊PTで叫んでいるときは相互ブロックの両者(Bio&Pippin)がともに狂人であるという考慮を入れていませんでした。この可能性の場合はカウンターの可能性が高くなるのですが、他の部屋で何も起こっていないため、もう1人の狼が分からないため、用済み祈祷を吊るのがベストだったと思います。



0100 | 00 |
1006 | 07 |
2005 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 03 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 03 | 04 | 07 | 08 |
2010 | 10 | 11 |

"(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved."