Hatena::ブログ(Diary)

atarouの日記

2018-06-25

25, 06. 2018 初夏の花は咲くのだが

07:15

f:id:atarou:20180625063808j:image


昨朝の晴れ間は、長くは続かなかった。朝食を終える頃には薄雲が広がり、次第に厚みを増していった。列島南部では猛暑日の所も出ているのに、完全に夏に乗り遅れている。洗濯機を仕掛け、手仕事の続きをして過ごす。昨年転んでひざを打ったが、その後全く支障なく散歩を続けていたが、この数日膝の調子が悪い。北西を少し回って来ようと、散歩に出かけた。

強い風が吹き荒れた後で、未だ十分に色付かぬサクランボの実が、多数落ちていた。しらかば公園傍のお宅のガマズミの実が、少し大きくなっていた。北の住宅街の外れから、北西の山並みを見る。山並みは、分厚い雲の中だった。車庫の上の棚から伸びたブドウに、花序が見えていた。


f:id:atarou:20180625065213j:image

f:id:atarou:20180625065209j:image

f:id:atarou:20180625065251j:image

f:id:atarou:20180625065247j:image


南北に通る幹線道路を、北へ戻る。フサスグリの実が、色付き始めていた。最上部の写真が、フサスグリ生け垣の奥で、キョウカノコが花を開き始めていた。大きな庭木の下から、花を付けたヒダカゲンゲが、覗いていた。住宅街を、東へ戻る。子供の頃はオシロイバナと呼んでいたジャコウアオイが咲いていた。南向きのお宅では、ツゲが咲き始めていた。植物は初夏へ移行しているが、天候は夏のそれにならない。しらかば公園を西から通り抜ける。林檎の樹が多いお宅の四十九号に、袋がかけられていた。手前のインド林檎は、未だ実が小さかった。昨年は成りが良くなかったが、今年はどうなるだろうか。更に東のお宅でも、袋掛けの作業が行われていた。


f:id:atarou:20180625070735j:image

f:id:atarou:20180625070731j:image

f:id:atarou:20180625070848j:image


今朝は雲間から青空が覗いているが、治まっていた風が吹き始めている。今日の最高気温は、17度の予報。快晴の夏日は、中々やって来ない。


f:id:atarou:20180625071312j:image

2018-06-24

24, 06. 2018 夏日の筈が

07:08

f:id:atarou:20180624063215j:image


最高気温27度と夏日の予報が出ていた昨日は、強風が吹き荒れ20度前後の肌寒い一日となった。教室のお茶を冷茶にしなければならないかと思っていたが、冷茶を飲む気温ではなかった。教室を終えてアトリエの床を磨き、発展の可能性がある中途の作品を水張りした。

1時半過ぎに、夕食の素材を買求めに出かけた。しっかり着込んで出てきたが、強い風でかなり寒く感じる。住宅街の空き地を占領しているマーガレットアカバナツメクサに交じって、黄色いシナガワハギが見えていた。天候が回復したら、4番通りのシロバナシナガワハギを見て来たい。ナナカマド公園の遊歩道脇のお宅の庭で、パイナップルリリーが咲いていた。ボケの花が散った跡に、実が出来ていた。


f:id:atarou:20180624064520j:image

f:id:atarou:20180624064517j:image


東のスーパーで野菜を買い求め、西のスーパーへ向かう。緑色のソーセージの様だった白樺の実に、筋目が入っていた。歩道脇のお宅の庭のシロバナヤマブキが散った跡に、実が出来ていた。昨年の暗紫色の実も未だ残っている。西のスーパーで買い物を済ませ、気に懸っていたシロバナキョウカノコを見に立ち寄った。しっかり花序を伸ばしていた。来週には、花を見られるかもしれない。すぐ隣の赤いキョウカノコも花序が色付いていた。


f:id:atarou:20180624065554j:image

f:id:atarou:20180624065551j:image

f:id:atarou:20180624065711j:image

f:id:atarou:20180624065707j:image

f:id:atarou:20180624065704j:image


ナナカマド公園の遊歩道に入る。巨木が下げた枝に、赤い実が見えていた。ヤマグワではないか。白樺と競って高く伸びているので、ヤマグワとは思わなかった。花を落としたオオヤマレンゲに、小さな実が出来ていた。


f:id:atarou:20180624070343j:image


強かった風が治まり、今朝は青空が広がっている。夏至を過ぎたばかりで日は長く、最も良い季節の筈だが、今日の最高気温は19度の予報。農作物への影響が、懸念される。


f:id:atarou:20180624070826j:image

2018-06-23

23, 06. 2018 久々の夏日

07:12

f:id:atarou:20180623063814j:image


久々に夏日の予報が出ていたので日差しを期待したが、青空が広がったのは4時を過ぎてからだった。ゴミ袋を集荷場所に運ぶついでに、少し草取りをする。雨の後で、生えて欲しくない草が増えていた。背丈が伸びるので母屋の壁際に植えてあるジギタリスが咲いていた。今年は、白い花の株が少ない。種子を摂って蒔く必要がある。


f:id:atarou:20180623064559j:image


終盤になった歯科医の治療を、受けに出かけた。鉄柵に絡んだサルナシの蕾が、少し膨らんで来ていた。日陰のオオヤマレンゲに、未だ蕾が残っていた。鉄道林前の道に出る。少し色が変わっているツキヌキニンドウが、開花寸前になっていた。スモークツリーの花が、大分ヴォリュームが出ていたが、未だ開いてはいなかった。


f:id:atarou:20180623065719j:image

f:id:atarou:20180623065715j:image

f:id:atarou:20180623070340j:image

f:id:atarou:20180623070337j:image

f:id:atarou:20180623070333j:image


治療を受けてしらかば公園に続く、緑地帯を戻る。遊歩道脇の庭木に実が見えていたが、どの様な花だったのかを、思い出せない。小学校のグラウンドの西側に、シメジによく似た茸が大量に生えていた。


f:id:atarou:20180623070758j:image


夕刻からの晴れ間は、今朝も続いている。今日は27度まで、気温が上る予報が出ている。治まっていた風がまた吹き始めているので、余り熱くは感じられないに相違ない。


f:id:atarou:20180623071206j:image

2018-06-22

22, 06. 2018 変り易い天候

07:01

f:id:atarou:20180622062729j:image


昨朝の晴れ間は、長くは続かなかった。朝食を終える頃には、雲が空を覆っていた。相変わらずの強い風が、雲の動きを速めていた。仕事は諦めて、手仕事をして過ごす。午後の早い電車で、札幌へ買い物に出かけた。

駅前のデパートで買い物を済ませて外へ出ると、路面がぬれて水溜りもできていた。買い物の最中に、俄雨が降ったものらしい。南へ向かうと、何処の路面も濡れていた。南1条の店舗で買物を済ませ、大通公園へ出る。雲間から、陽が射して来ていた。ヤマボウシは未だ白い総顎片を見せていたが、早く開いた樹は萼片を落とし始めていた。北側の樹々の間に、エゴノキが花を開いていた。


f:id:atarou:20180622064013j:image

f:id:atarou:20180622064010j:image

f:id:atarou:20180622064006j:image


西の一帯には、テントが数多く張られていた。テントの文字を見て、園芸市に準備と知れた。テントの中に、植物を植え込んでいるのも受けられた。来週が愉しみになった。


f:id:atarou:20180622064644j:image

f:id:atarou:20180622064641j:image


公園を離れて、北へ向かう。歩道脇の植え込みで、ラベンダーが色付き始めていた。この種の花期は長い。道庁南門前の、ハクウンボクを見上げる。小さかった実が、目立って来ていた。それにしても、何と実の多いことか。南門から、構内へ入る。大きなバイカウツギが花を付けていた。池のスイレンは、花の数を増していた。


f:id:atarou:20180622065602j:image

f:id:atarou:20180622065559j:image

f:id:atarou:20180622065709j:image

f:id:atarou:20180622065706j:image


駅前で、生花と茶菓を買求めえて戻る。最寄りの駅に着いた折、大粒の雨が落ちてきた。バスを降りた時には幸い止んで、濡れずに戻れた。


f:id:atarou:20180622070016j:image

2018-06-21

21, 06. 2018 エゴノキ開花

07:01

f:id:atarou:20180621063242j:image


すっきりせぬ天候が続く。手仕事は捗るが、仕事は進まない。1時半過ぎに、夕食の素材を買求めに出かけた。庭木の様子で風が強いことは分かっていたので、しっかり着込んで出かけた。南風だがとても冷たい。耳元で強い音がする。南の住宅街を東へ向かった。

勢いを失ってきたアヤメの類に代わって、小バラが咲き始めた。キスゲも、花を開いていた。愉しみにしていたエゴノキを見上げる。膨大な数の蕾が、開き始めていた。花芯の黄色が、この花の特徴。強い風を避けて、住宅街を北西に向かった。良く花を付けていたヒイラギの花の跡が、緑色の枝状になっていた。


f:id:atarou:20180621064545j:image

f:id:atarou:20180621064540j:image

f:id:atarou:20180621064655j:image

f:id:atarou:20180621064650j:image

f:id:atarou:20180621064647j:image


買物を済ませて戻る。少し回り道をして、大きなツリバナの樹を見上げる。此の樹も、花の数が多かった。エゾノコリンゴに、小さな実が見えていた。サクランボの実が大きくなり、色付いて来ていた。


f:id:atarou:20180621065538j:image

f:id:atarou:20180621065534j:image

f:id:atarou:20180621065531j:image


今日は曇りの予報で、日記の更新を始めた折は曇り空だったが、烈風が雲を流したのか、青空が広がっている。風が少々強くても、陽が射してくれる方が有難い。


f:id:atarou:20180621070021j:image