Don’t worry sometimes silence is the most beautiful expression.

2009 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 05 | 08 | 09 |
2011 | 01 |

2011-01-31 今後はこちら

ポートフォリオサイトつくりました。

今後はこちらを更新していきます。

http://takaakihirano.com/

2010-09-16 渋谷区が宮下公園を封鎖、野宿者を強制排除

D

取材しました。

宮下公園のナイキ化計画の背景を取材したドキュメンタリー

ドキュメンタリー「宮下公園〜前編」

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/351

ドキュメンタリー「宮下公園〜後編」

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/352

●動画ニュース

2010年3月31日配信

宮下ナイキ公園の反対デモ〜180名が参加

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/468

2010年3月30日配信

宮下公園にGreen Birdが来園

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/464

2010年3月20日配信

宮下公園問題〜ナイキ原宿店前で「NO NIKEファッションショー」〜

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/452

2010年3月16日配信

宮下公園アーティスト・イン・レジデンス2日目〜公園封鎖は見送り

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/448

2010年3月15日配信

宮下公園封鎖が迫る中、始まったアーティスト・イン・レジデンス

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/447

2010年2月23日配信

続報〜渋谷に野宿者を隔離する「ゲットー」出現

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/418

ドキュメンタリー「宮下公園」から世界を見つめる〜上映&スピーキングツアー2010〜

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/412

「みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会」

http://minnanokouenn.blogspot.com

宮下公園アーティスト・イン・レジデンス

http://airmiyashitapark.info/wordpress

2010-09-02 ビデオ編集ワークショップ

編集を集中的に学びたい方のための2日間コースです。ノンリニア編集の基礎から、タイトルやスーパー(字幕)の効果的な入れ方、カットの長さの緩急、音と映像の組み合わせなど編集の工夫ポイントについて説明、実習します。

このコースでは、約1ヶ月の間OurPlanet-TV メディアカフェ内の編集機を利用することが出来ます。またその際、編集ソフトの使い方で分からないところがあれば、OurPlanet-TVのスタッフのアドバイスを受けることが出来る実践的な講座です。夏の間にビデオ撮影したけど編集はしたことがない方、ノンリニア編集に関して一度基礎をしっかり学んでみたいという方におすすめです。

=====================================================

●コース名 ビデオ編集レベルアップコース ※2日間集中コース

●期 間   (1)2010年9月25日(土)/(2)11月6日(土)

●時 間  (1)10:00〜16:00 (2)13:00〜16:00

●場 所  OurPlanet-TV メディアカフェ

●対 象  

・ビデオ撮影はしたことがあるが、編集はしたことがない方

・ビデオ編集をしたことはあるが、自己流で編集している方

・映像の演出や撮影の仕事はしているが編集についても挑戦してみたい方

・ビデオ編集のスキルをアップさせたい方

●内 容

9月25日(土)

10:00〜11:00 ノンリニア編集のメカニズムと基礎

11:00〜12:00 編集の基礎実習

12:00〜      休憩

13:00〜14:00 ノンリニア編集の工夫ポイント

14:00〜15:30 編集実習プロのスタッフが編集を随時アドバイスします

15:30〜16:00 機材の買い方などをアドバイス・交流会

11月6日(土)

13:00〜16:00 各自の作品を試写・講評・アドバイス、交流会

●定 員 15人(定員になり次第締め切ります)

●受講料

2日参加 会員・学生 28000円/一般 30000円(ノートPC持参 25000円)

1日参加 会員・学生 23000円/一般 25000円(ノートPC持参 20000円)

*映像編集ソフトAdobe Premiereが入っているノートPCをお持ちできる方は、

受講料から5000円引きとなります。

●使用編集ソフト

Adobe Premiere Elements

●備 考

※初回の9月25日(土)の講座は自分が編集したい映像素材(10分程度)をデータにてお持ちください。素材をお持ちでない方はご相談下さい。

※ 11月6日(土)までOurPlanet-TV メディアカフェ内の編集機を自由に使うことが出来ます(予約制)。その際、編集ソフトの使い方で分からないところがあれば、OurPlanet-TVのスタッフがアドバイスいたします。

※2回目の講座には、自分で編集した作品をお持ち下さい。

●講 師

白石 草(OurPlanet-TV代表)

テレビ朝日系技術会社を経て、東京メトロポリタンテレビジョン入社。ビデオジャーナリストとして、ニュース・ドキュメンタリー番組の制作に携わる。2001年に独立し、フリーランスとして活動。同年10月OurPlanet-TV設立

パナソニック主催の「キッドウィットネスニュース」のワークショップや制作アドバイザーNPO向けの映像セミナーをはじめ、東京大学情報学環教育部をはじめ、全国の大学などで映像制作の講義・ワークショップを担当。現在、一橋大学大学院地球社会研究科客員准教授早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース講師。著書に「コミュニティメディアの未来〜新しい声を伝える経路」(共著)2010年晃洋書房、「非営利放送とは何か〜市民が創るメディア」(共著)2009年ミネルヴァ書房、「ビデオカメラでいこう〜ゼロからはじめるドキュメンタリー制作」七つ森書館、「ジャーナリズムの条件」(共著)2005年岩波書店など多数。


平野 隆章(OurPlanet-TV)

映像制作会社を経て、OurPlanet-TVスタッフに。OurPlanet-TVで配信しているインタビュー番組「ContAct」やニュースクリップの取材・撮影・編集のほか、オープンスペース・メディアカフェ担当。2009年にドキュメンタリー「宮下公園」を制作。クラブや野外イベントでVJをし、NTT インターコミュニケーション・センター [ICC]で「わたし、あなた、みんな」というビデオライブパフォーマンスを行なった。

=====================================================

●お申込み方法

ウェブサイトからお申込みください。

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/608

電話・ファクス・メールでも受け付けています。

名前・年齢・住所・電話・Eメールアドレス・映像制作経験・関心のあるテーマ・受講の理由・このワークショップを知ったきっかけ(場所など)をお知らせください。受講料は、事前納入をお願いします。

お問い合わせ

特定非営利活動法人 OurPlanet-TV(アワープラネット・ティービー)

〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-2-3 NSビル202

Tel 03-3296-2720 FAX 03-3296-2730

担当 平野・白石

WEB http://www.ourplanet-tv.org

MAIL info@ourplanet-tv.org

2010-08-10 <3日間の集中講座>ショートドキュメンタリーをつくろう☆

f:id:atatakai-fuku:20100804132328j:image

ドキュメンタリー制作などを行なうOurPlanet-TVでは

ビデオ制作に興味のある社会人および学生を対象に、

映像制作講座を開催しています。

企画・撮影・ノンリニア編集などの

映像制作を一通り体験できる、初心者向けの3日間集中コースです。

ビデオカメラに触るのは初めてという方も歓迎です。

お気軽にご参加ください!

=====================================================

●コース名 2010年夏期 映像制作ワークショップ ※3日間集中コース

●期 間 2010年8月18日(水)〜2010年8月20日(金)

●時 間 10:00〜18:00

●場 所 メディアカフェ(千代田区猿楽町2-2-3 NSビル202)

●対 象 高校生以上(パソコンの基本操作ができる方)

●内 容

撮影編(取材の基本や機材の扱いをマスター)

・企画から取材/完成までのプロセス

・構成

・カメラの操作と実践

編集編(自分でミニドキュメンタリー制作に挑戦!)

ノンリニア編集

・コメントの書き方/吹き込み

・上映会

●定 員 12人(定員になり次第締め切ります)

●受講料 会員・学生55,000円/一般60,000円 (テキスト代込み)

費用に含まれるもの

1)テキスト『ビデオカメラでいこう』(白石草著・七つ森書館より発売中)

2)撮影、編集機材使用料

3)編集スペース使用料

●講 師 白石 草(しらいし はじめ)

テレビ朝日系技術会社を経て、東京メトロポリタンテレビジョン入社。

ビデオジャーナリストとして、ニュース・ドキュメンタリー番組の制作に携わる。

2001年に独立し、フリーランスとして活動。同年10月OurPlanet-TV設立

パナソニック主催の「キッドウィットネスニュース」のワークショップ

制作アドバイザーNPO向けの映像セミナーをはじめ、東京大学情報学環教育部をはじめ、

全国の大学などで映像制作の講義・ワークショップを担当。

現在、一橋大学大学院地球社会研究科客員准教授早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース講師。

著書に「コミュニティメディアの未来〜新しい声を伝える経路」(共著)

2010年晃洋書房、「非営利放送とは何か〜市民が創るメディア

(共著)2009年ミネルヴァ書房、「ビデオカメラでいこう〜

ゼロからはじめるドキュメンタリー制作」七つ森書館、

ジャーナリズムの条件」(共著)2005年岩波書店など多数。

=====================================================

●お申し込み・講座の詳細はこちらをご覧下さい。

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/573

電話・ファクス・メールでも受け付けています。

名前・年齢・住所・電話・Eメールアドレス・映像制作経験・関心のあるテーマ・受講の理由・このワークショップを知ったきっかけ(場所など)をお知らせください。受講料は、事前納入をお願いします。

お問い合わせ

特定非営利活動法人 OurPlanet-TV(アワープラネット・ティービー)

〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-2-3 NSビル202

Tel:03-3296-2720 FAX: 03-3296-2730

担当 平野・白石

WEB http://www.ourplanet-tv.org

MAIL info@ourplanet-tv.org

2010-05-07 5月8日、京都にて制作したドキュメンタリーの上映会があります

関西方面の方は是非ご参加ください!

よろしくお願いします。

イベント詳細

東京オルタナティブメディア、Our Planet TV製作のドキュメンタリー「宮下公園」の上映会を開催します。

東京渋谷駅のすぐ近くに位置する宮下公園。山手線の高架沿いの人工地盤上に設けられたこの小さな公園が、今、大きな問いを投げかけています。

発端となったのは、公園の命名権(ネーミング・ライツ)を大手スポーツブランドのナイキジャパンへの売却するという渋谷区の方針と、それにともなって、公園がスポーツ施設を設置した「ナイキパーク」へと改修される計画が明らかになったことです。この計画に対しては、公園が一企業の利益を優先する場となること、改修による野宿者の排除や、区長や一部の議員トップダウンで計画が進められていることなど、様々な問題点が指摘されています。

Our Planet TVは、この問題について長期間にわたって丹念に取材を続け、その成果は「宮下公園」と題するドキュメンタリー映像へとまとめ上げられました。大きな反響を呼んでいるこのドキュメンタリーを、今回は京都で上映します。

小さな公園をめぐって何が起こっているのか。これまでにどのような経緯があったのか。公園が投げかける問いに対してどう応えることができるのか。本編の上映終了後には、ご参加いただいたみなさんどうしで意見や感想を交わす時間も設ける予定です。どうぞふるってご参加くださいませ。

【日時】2010-05-08(土)14:00から

【会場】Collective Parasol

【アクセス】京都市西京区上桂前田町56/阪急嵐山線上桂駅徒歩5分

URLhttp://collective-parasol.blogspot.com/search/label/about

【企画】藤墳智史(編集者)

※スペースに限りがありますので、できれば事前に参加の旨を下記メールアドレスまでお知らせくださいませ。

info@collective-parasol.org

2010-01-10 今年もよろしくお願いします(長文)

大晦日は地元横須賀のカウントダウンパーティでVJしました。ゲストはフランスからJon Georgssonさん。Jonさんのライブかっこ良かったです。Jonさんが「東京でもやったけど、今まで見た中で君たちのVJはやばいよ」って言ってくれました!

f:id:atatakai-fuku:20100109145051j:image

Jon Georgsson

(HYPNOTIC/HY:BR/FRANCE)

90年代 始め、JonはElectronic Music先駆けのグループDreamdealersに参加。1996年 TRSI RECORDより楽曲がリリースされ名を広める。その後ペルピニャン国立音楽院で フランスにおける電子音響音楽の第一人者として有名なDennis Dufourより作曲を学ぶ。 詳細なサウンドデザインとアーティストの達とのコラボレーションは様々なメディアに渡り、画廊や劇場、クラブでの活動は母国フランスにとどまらず様々な国 でも行われている。2006年ピエール・ブライゾーとミュリエル・フレオリア監督によるカナダ映画"A year minus a day"のサウンドトラックを担当。幾多の映画祭で反響を呼び今後も他作品での 製作を控えている。一方で、Josh Wink,Carl Cox等と共に活動する世界的DJ Tom Pooks との出会いにより、TECH HOUSEの楽曲製作、ラップトップコンピューターを使っての LIVE、DJをダンスフロアーに向けて行っている。これまでにHypnotic/Brique Rougeなどからオリジナルトラック、Remixをリリースしている。今後も有名レーベルからのリリースが予定されている期待のフランス人アーティス ト、プロデューサーである。

イベントが終わって初日の出を見に行きました。今年はさらにアグレッシブにボーダレスに様々な活動をしていきたいと思います。

f:id:atatakai-fuku:20090126165802j:image


本日、全然更新してなかったこのblogをまとめて更新しました。何ヶ月も放置していて、blogと呼べない状態だったので、今年はこまめに更新したいです。

■更新した分

VJしました!SiCK! ゲスト:ALTON MILLER (from Detroit) 」

http://d.hatena.ne.jp/atatakai-fuku/20091219

「ビジュアルアーティストGustavo Alberto(from L.A.)さん」※ビデオあり

http://d.hatena.ne.jp/atatakai-fuku/20091213

横須賀で映像制作ワークショップ

http://d.hatena.ne.jp/atatakai-fuku/20091206

「ヨコハマ国際映像祭2009(CREAM)」

http://d.hatena.ne.jp/atatakai-fuku/20091102


f:id:atatakai-fuku:20100110200831j:image

ツイッターはじめました!Follow me! http://twitter.com/BlessMoment


------------------------------------------


mixiツイッターでは告知しましたが、渋谷の宮下公園ナイキ化計画の背景に迫った60分のドキュメンタリーを作りました。5ヶ月取材してつくりましたぜひ見て下さい!転送・転載大歓迎です。

■タイトル「宮下公園〜TOKYO/SHIBUYA〜」

■配信サイト:http://www.ourplanet-tv.org

渋谷駅に一番近い公園・宮下公園。 去年8月に渋谷区はスポーツメーカーのナイキ・ジャパンと ネーミングライツ契約を結び、来年4月に「宮下ナイキパーク」 と名前が変わる。また公園はナイキ側の負担で全面改修され スポーツ公園に変わる予定だ。

これまで渋谷区は、議会の答弁の中で、宮下公園のスポーツ公園化は、区民の要望を受けたものと説明。要望書の提出を 受けて、ネーミングライツの選定委員会を設置し、ナイキ・ ジャパンを選んだとの説明してきた。

しかし、OurPlanet-TVの取材によると、1000筆集まったとされる署名はNIKEと関係の深いスケートボードメーカーが集めたことが判明。また、要望書もロッククライミングは区議会議員自身が作成し提出していたことが分かった。

そして、この計画は既に2004年にナイキが渋谷区に寄贈したジョーダンコート設置にまでさかのぼることが判明・・・。

宮下公園の改修計画の背景にどのような事情があったのかー。日本の中で最も賑やかな街・渋谷行政議会とは―。 これまで、ほとんど明らかになってこなかった宮下公園ナイキ化計画のプロセスを取材した。

小さな公園から日本のカタチが見える―。

■内容

<Part1 Homeless>

・Homeless

<Part2 Street>

・2つの要望書

署名は誰が集めたか?

・パークとストリート

<Part3 NIKE

マーケティング

・児童労働

・市場主義と公共空間

<Part4 Sibuya>

ネーミングライツ

ジョーダンコートとフットサルコート

・選定委員会はひらかれなかった?

<おまけ>

・もう1社は一体どこ?

You Tube

●「宮下公園」 #1 〜宮下公園ナイキ化計画〜

●「宮下公園」 #2 〜ホームレス

●「宮下公園」 #3 〜要望書よりも早い企業からの提案〜

●「宮下公園」 #4 〜署名はNIKEと関係の深いスケーターが出した〜

●「宮下公園」 #5 〜ナイキと児童労働〜

●「宮下公園」 #6 〜ネーミングライツ議員の動き〜

●「宮下公園」 #7 〜選定委員会、ナイキともう一社は?〜


渋谷ミニシアター系映画館アップリンクも情報を載せてくれました。

「宮下ナイキパークの裏側に追った番組がOur Planet-TVから配信─小さな公園を通して現在の日本の問題が露わになる」http://www.webdice.jp/dice/detail/2162/

2009-12-19 VJしました!SiCK! ゲスト:ALTON MILLER (from Detroit)

f:id:atatakai-fuku:20100109135852j:image

12.19(SAT) SiCK!

22:00~till morning

Entrance 2000yen with 1drink

Guest DJ

Alton Miller

(Inner Muse, Yore & Swank Society Radio)

LIVE PAINTING

Abdul Qadim Haqq

(Third Earth Visual Arts, UR, Planet E & Transmat)

DJ

SiCK DJs

VJ

Bless Moment

イベント公式ホームページ

http://www.sickyokosuka.com/

ゲストアーティスト

f:id:atatakai-fuku:20100109140029j:image

ALTON MILLER (from Detroit)

トロイ ト出身のハウス系のプロデューサー/DJ。今も語り継がれている、80年代後期 のデトロイト・ハウス/テクノ・シーンを支えた伝説的なクラブMusic InstituteのレジデントDJ兼オーガナイザーを勤めた重要人物。91年から音楽制作を開始し、Serious Grooves/KMSからデビュー。93年にAphrodisiac名義でデリック・メイ主催のレーベルFragileから「I Like Having You」をリリース。以降精力的に世界の有数レーベルカール・クレイグのPlanet-E、Guidance、King Street/Nitegrooves、Trackmode、Moods & Grooves、Mahogani Music、Lifeline等からソウルフルで、トライバルなディープ・ハウスの作品をリリース。多くの作品には、自らソウルフルなヴォーカルを歌い上 げ、パーカッショニストでもある彼の巧みなボンゴ・プレイが優しく調和したトラックは、数多の機械的なハウスとは明らかに一線を画す瑞々しさをたたえてい る。2000年にDistanceから初のフル・アルバム「Rhythm Exposed」をリリース。2003年には、2作目の「Storiesfrom Bohemia」をPeacefrogからリリース。現在DJとして世界中を駆け巡り、ディスコモータウン、Pファンクらのデトロイト発のソウルとファ ンクのルーツを受け継ぎ継承し、ハウスの真義をまさに答えるプレイを披露しフロアを揺らしている。最近JOE CLAUSSELLのMIX CD「TRANSLATE」に「CloudsAre Gone」が収録され話題となり、Atal Musicの初レーベルMIX CD「Choice Cuts」を監修、ミックスを披露。2007年には待望の新作アルバム「Souls Like Mine」と初の自身の集大成作品「Alton Miller: SelectedWorks」を国内のOctave-Labから国内先行同時リリース。アルトン・ミラー、彼が生み出す音楽は、廃虚と化した街デトロイトでの過酷な生活体験から産まれた結晶だ。

SiCK!にデトロイトからアーティストALTON MILLERが来日してDJプレイ。BlessMomentはパーティでVJしました。手書きのグラフィックから、自分たちで創ったミュージックビデオの映像、とてもパーソナルな日常の記録ビデオなどに混ぜて、12月18日にCOP15が終わったので、COP15の会場の中と外で何が起きたのか。各国の大統領の演説から、外で起こっているデモの映像や写真をミックスしてプレイ。

VJブースの写真

f:id:atatakai-fuku:20091220035318j:image

f:id:atatakai-fuku:20091220041358j:image

f:id:atatakai-fuku:20091220035324j:image

2009-12-13 ビジュアルアーティストGustavo Alberto(from L.A.)さん

12月13日にコロンビア出身のビジュアルアーティストGustavo Alberto Garcia Vacaさんの来日パーティが横須賀のDJ BAR SHELLであり、パーティでVJをやらせてもらいました!その時のビデオをvimeoにアップしましたので、ご覧ください。その場の空気に揺れながら繊細な表現を見せてくれたGustavoさん。ものすごい集中力と真剣な表情にアーティスト魂をビジバシ感じました。イベントの終わりの方でGustavoさんと映像とグラフィックを使って少しコラボパフォーマンスしました。「おお、きみ面白いことやってるね!きみの映像やパフォーマンス好きだよ」って言ってくれたので、嬉しかったです。様々な国のアーティストと触れ合うのは刺激的で楽しいです。多様性を体感し、オープンマインドになり、自分の考えややりたいことがはっきりと見えてきます。


Gustavoさんがライブで描いた作品をもらったので部屋に飾っています。

f:id:atatakai-fuku:20090204011507j:image

Gustavo Alberto Garcia Vaca

http://www.chamanvision.com

コロンビア出身のGustavo Alberto Garcia Vacaはヴィジュアルアーティスト兼ライターとして活動し、その表現は写真、デジタル、執筆、描画と多岐にわたります。彼の作品は世界各国のギャラリー や美術館で展示されてきました。東京パルコミュージアム、日本科学未来館、その他ニューヨーク東京ロンドンミラノロサンゼルスアートギャラ リーへの出展経験を持っています。過去に雑誌 Art in America、新聞 Los Angeles Times、雑誌 Relax、雑誌 Warpで掲載されています。

Gustavoの作品をフィーチャーしたレコードレーベルには、デトロイトテクノLos Hermanos/Underground ResistanceJeff MillsAxis Records、Juan AtkinsのMetroplex、そして Francois KのDeep Space Mediaなどがあります。他にも、UKドラムンベースレーベルCreative SourceやRam Records、Jazzジャイアンツ John Coltraneの妻であり、アーティストであるAlice Coltrane(故人)が出演したJohn Coltrane基金のイベントなどにも作品を提供しています。

07年12月には、横浜桜木町駅、創造空間9001にて開催された AC045 presents「Techno SoulTrain 9001」に出演し、ライブペインティングを披露。今回展示を行う、横浜中華街 I&I(アイ・アンド・アイ)の店舗ロゴデザインも手がけています。現在は、LAの先鋭的アーティスト集団「Unification Theory」に所属。エアロソル・グラフィティアーティスト MAN ONE、ビジュアルアーティスト Overton Loyd (Parliament-Funkadelicの専属イラストレーター/アーティスト)と共に、MAN ONEが主宰するCrewest Galleryを中心に精力的な活動を続けています。また、今年はNat King Coleの娘であり、女優であったCarole Cole(アルバムのリリース後、2009年5月に残念ながら他界)の企画した好リミックスアルバム「RE:GENERATIONS」(参加アーティス ト:The Roots, will.i.am, Cee-Lo, Natalie Cole, Bebel Gilberto, Stephen & Damian Marley and Brazilian Girls, Amp Fiddler, Cut Chemistなど)のプロジェクトにMANONE、Overtonと共に参加。洋楽好きにはお馴染みのロスの名所 CAPITOL RECORDSビルディング下に新たな世代の息吹を描き出しました。また、Madlib with MF DOOM aka.Madvillainなど、L.A.のレフトフィールドヒップホップシーンとも連動した活動も積極的に行っています。WAX POETICS JAPAN No.5よりマンガを連載中。

2009-12-06 横須賀で映像制作ワークショップ

f:id:atatakai-fuku:20100105233104j:image

[remoscope]とは、remoが考案したリュミエール・ルール*に則り撮影された映像を総称する造語です。

このワークショップでは、特別な技術はまったく必要ありません。

初心者、経験者を問わず「作品」をつくることができ、それぞれの作品を参加者とともに鑑賞し楽しみます。

なにげない風景がさまざまな視点で切り取られ、異化されていくその静かな驚きを味わう…そんな“句会”のようなワークショップです。

今回は米海軍基地を始め、三笠公園ドブ板通りなどで有名な横須賀を舞台に行います。

【日時】2009年12月6日(日) 14:00- 18:00

【場所】DJ BAR SHELL http://www.djbarshell.com/

【参加費】1000円 

【機材】こちらでご用意しております。

【定員】10名

【申し込み】氏名・連絡先(e-mail/電話)を明記の上tokyo★remo.or.jpまで申し込みください。(★=@)

【企画】remo*TOKYO [NPO法人 remo/記録と表現とメディアのための組織]

リュミエール・ルール】

[固定カメラ/無音/無加工/無編集/ズーム無し/最長1分]

【参考URL

http://www.remoscope.net

現在、海外の多くでは「lumiere video」の名称で呼ばれています

http://videoblogging.info/lumiere/

f:id:atatakai-fuku:20090101033211j:image

ワークショップの様子


ヨコハマ国際映像際にも参加したNPO法人remoのremoTOKYOが横須賀で映像制作ワークショップをしました。メンバーの方たちと、横須賀でもやりたいねと話していて実現。僕もスタッフで参加しました。場所は横須賀中央のSHELL。SHELLは毎週テクノやハウスミュージックのイベントをしていて、様々な国のアーティストも来日してプレイしています。ワークショップ前夜にもニューヨークからDJが来日パフォーマンスしていました。横須賀市の施設ではなくて、こういったアンダーグランドな場所で映像制作ワークショップをやるのは面白いです。当日は店のオーナーの亮さんも参加してくれて、楽しんでくれました。


ワークショップの内容は、1人1台ビデオカメラを持って横須賀の街に出ます。そして、リュミエール・ルールにのっとって自分の気になったものなどを撮影し、皆の前でそれを上映するというもの。それを2回繰り返します。外に出る時間は1回約1時間程度。短い時間なのですが、皆が撮影してきたものはそれぞれ違っていて面白く、なかには決定的なシーンを捉えたものも。リスたちが木の枝を渡る様子や、公園でゲームに夢中になる子どもたちの表情、焼き鳥屋さんの前で焼き鳥を食べる子ども、信号待ちをしている人々、ベンチに座っていて何かを語っている老夫婦、地面に落ちている氷、電灯の色を感情に例えたものや、飛び立つ鳥など、様々な場面を1人1つずつ発表していきました。


次々と上映されるビデオを見ていると、短い時間なのに、1人1人が見ていた世界が違うのに驚きます。他の人の見る世界に感動し、自分が見ている世界が全てじゃなくて様々な視点があると感じました。

f:id:atatakai-fuku:20090101020440j:image

●店のオーナーの亮さんの作品。横須賀中央三笠公園のベンチで老夫婦が並んで話している。まさに、このベンチの後ろでたこ揚げをしたことがある思い出の場所なのでこの映像が出て来た時にはゆさぶられました。

f:id:atatakai-fuku:20090101014930j:image

●講師の現代美術家の藤井光さん。おつかれさまでした!


普段、横須賀VJをしたりしていますが、2010年はこういう映像ワークショップもやっていきたいです。トークショウや自主制作のビデオやドキュメンタリーなどを見るイベントもしたいなと思ってます。

2009-11-02 ヨコハマ国際映像祭2009(CREAM)

ヨコハマ国際映像祭2009に行ってきました。ホームページはこちら。http://www.ifamy.jp

ロケーションが良いので、近くのコンビニで買ったワインを飲みながら、お祭り気分で行ってきました。いくつかの作品が印象に残り楽しめました。本当は作品よりも、もっと飛んだ感じの「これはヤバイい!」っていうようなオープンな空間を期待していたのですが、あまりそういう雰囲気は感じられず。そこが残念でしたけど、充分楽しめました。


f:id:atatakai-fuku:20091102143832j:image

●新港ピアの入り口


f:id:atatakai-fuku:20091102155357j:image

●アルフレッドジャー「静寂の音」

ジャーは、これまで一貫して世界中に氾濫するマス・メディアの映像に眼差しを向けてきた。彼は、一枚の画像が持つ限られた情報の向こう側にある現実の出来事を提示し、映像が社会のなかでどのような役割を果たしているかを伝える。《静寂の音》は、ジャーの代表作とも言われ、ピュリツァー賞を獲得したある有名な写真をめぐるジャーナリズム倫理性と、それをめぐる資本の問題を鋭く見る者に突きつける。


「私はアート界に潜入したジャーナリストみたいなものです。人々が見ようとしない情報を提示しようとしている。ジャーナリストとアーティストの仕事に大差はありません。作品を提示する文脈が違うだけ。どちらにも美的要素と倫理的要素があり、両者の割合は異なるかもしれませんが、どちらかの要素を完全に排除することはできないのです」ART ITインタビューより。

8分間、暗闇の静寂の中で短い文章が現れては消えるだけで、最後にあることが起きるのですが、この展示が一番好きです。耳元ではなく、心の奥で囁かれているようでした。新聞やTV、インターネットといったメディアよりも身体的であり、どうしても自分が関わらざるえないとこまで持っていきます。


f:id:atatakai-fuku:20091102154013j:image

●イム・ミヌク「SOS」

《SOS》(パフォーマンス記録)は、ソウルの中心を流れる漢江の開発への反対運動シュプレヒコールが川岸で行われ、客船の船長がそこで独白を行うパフォーマンスの記録映像。自然と人々、そして権力についての関係性が浮かび上がる。

三角形に配置されたスクリーンとスピーカー。その中や外で鑑賞するんですが、これも面白かったです。どれだけいても飽きない。長回しシュプレヒコールが行なわれるシーンは2009年に見たどの映画のシーンよりも強烈で好きでした。


f:id:atatakai-fuku:20091102175555j:image

NPO法人remo+イルとイラ

「『アクティヴィズム3.0(仮称)』〜リーマン・ショック以後の世界の「新しい反資本主義の表現者」たち〜」

NPO法人remoとイルとイラの空間。自分の部屋にいるかのような落ち着ける空間でした。イラさん(成田さん)からは、今年イベントでのVJパフォーマンスを誘われて、出演出来て楽しかった思い出があるのですが、映像祭中は、ここで映画作りのワークショップやルールのないドラム・セッション、無買日でのアクションなどが行なわれたそうです。楽しそうな様子が伝わってくるブログはこちら。http://activism3cream.wordpress.com

壁に描かれたMike Millsの言葉は「人間なんだから人間らしく生きようよ」というメッセージ。Mike Millsは昔、この言葉をガールフレンドに言われ、郊外の家にグラフィティしています。「自分たちの弱さから目をそらさずにいようよ」という意味だそうです。Mike Millsが好きなので、一時期、雑誌などのインタビューを集めてました。


f:id:atatakai-fuku:20091102170720j:image

みなとみらいの夜。

「人々が見ようとしない情報を提示しようとしている」と話す、アルフレッドジャーさんの作品を体験できてよかったです。会期中は一度しか行けなかったのですが、だんだん盛り上がっていったようです。魅力的なシンポジウムなども開かれていて、逃した!って感じもあるのですが、映像が身の回りであふれて来ている今、こういう映像祭が次々と開かれていけば、映像祭自体がもっとよくなっていくんじゃないかなと思います。

2009-10-05 2009.10.03 SiCK!にVJで参加

横須賀で行なわれているパーティ「SiCK!」にVJで参加してるのですが、ついにSiCKのオーガナイザーや皆が自分たちのお店をオープンさせました。SHELLを改装してDJ BAR SHELLとして新装開店。おめでとうございます!DJ BARというか完全にクラブで、10月3日(土)のオープニングパーティでbless moment名義でVJしてきました。またこの日は、色画用紙、カッター、はさみ、マジック、テープ持参、そしてコンビニでダンボールをもらって、工作しました。しばらくしたら、誰かが作った色々な模様が壁に貼られていました。

ずっと横須賀でやりたいことがあったので、いろいろ出来たらいいなと思います。映像のワークショップや誰もが参加できる上映会やトークイベント、アンビエント音楽と映像のイベントなど、色々と企んでいます。昨夜は、Pass Into Silenceの栄さんとスカイプ会議し、昼間は東京で別の方と映像ワークショップ関連の打ち合わせをしてきました。お楽しみに!

f:id:atatakai-fuku:20091004053818j:image

f:id:atatakai-fuku:20091004064345j:image

f:id:atatakai-fuku:20091004073625j:image

f:id:atatakai-fuku:20091004020535j:image

f:id:atatakai-fuku:20091004012541j:image

そして、次回はハロウィンパーティです。こちらもbless momentとしてVJで参加します。

10月31日(土)SiCK! DANCING HALLOWEEN x"DJ TASAKA SOUL CLAP TOUR 2009"

http://www.sickyokosuka.com/

Techno/House

22:00~till morning

ENTRANCE 2000yen with 1drink

GUEST DJ TASAKA

DJ SiCK DJs

VJ Pile Of Dog Shit bless moment

FOOD drink Me

毎年仮装した出演者とオーディエンスが夜明けまで踊り明かす、SiCK! DANCING HALLOWEEN!今回のGUESTは、国内最大のRAVE WIREに毎年出演、日本を代表するTECHNO ARTISTの一人であるDJ TASAKAがNEW ALBUM SOUL CLAPを引っさげてYOKOSUKAにやってきます。そして今年は31日HALLOWEEN当日の開催となる為、盛り上り必須!さらに全身仮装で遊びにきてきてくれる方には1drinkサービスします!

da-beginningda-beginning 2009/10/10 16:37 10/3お疲れ様。

atatakai-fukuatatakai-fuku 2009/10/11 00:13 ハロウィンも楽しみましょう!!

2009-09-28 メディア・アクティビストたちの3泊4日のキャンプに参加

アジア各地のインディペンデントなメディア・アクティビスト、映像作家、ドキュメンタリー映画監督美術家たちが参加している「Champon」の3泊4日のキャンプに参加しました。ドイツ香港韓国、日本から参加者が集まりキャンプをしました。泊まった場所は空港から目と鼻の距離にある成田空港反対派の土地に今も建つ木の根ペンション成田闘争の時の団結小屋で闘いの拠点だったそう。

キャンプ三里塚のツアーをして、ワークショップやバーベキューなどをしながら交流。いろいろと面白かったです。子供たちに写真ワークショプを行なってる韓国の益山(イクサン)メディアセンターの女性は「子供たちがそれぞれ撮影してきた写真を並べて、写真(人が見た視線)を見て、皆がそれぞれ違った視線を持っていることを子供たちに体感させる」と言っていたのが印象的でした。一見、同じ写真や映像を教えるのでも、ねらいをはっきりさせることで、受講している人が得るものは全く違ってくるのでしょう。

ペンションの2階の窓からは、空港の巨大な飛行機が目の前に見えました。この状況を実際に自分の目で見ることが一番重要だったかもしれません。空港の利用者は、すぐ近くで起こっている状況をほとんど知りません。目に見える距離なのに目に入らないのです。人は見たいものしか見ないのだし、見ようとしても「フェンス」や「距離」が障害となる時があります。でもそれを壊せるのが、想いを込めた行動だったり、叫びだったりするのでしょう。アートや映像といったメディアにも力があると信じています。

ミュージックビデオを作るにせよ、VJをするのにせよ、いろいろ見たものを生かして自分なりの行動が出来たらなと思います。


f:id:atatakai-fuku:20090104011712j:image

f:id:atatakai-fuku:20090104001043j:image

f:id:atatakai-fuku:20090101041325j:image

f:id:atatakai-fuku:20090104002747j:image

f:id:atatakai-fuku:20090101052943j:image

f:id:atatakai-fuku:20090102111329j:image

f:id:atatakai-fuku:20090103140710j:image

endoendo 2009/09/29 20:37 素晴らしい経験をしてるねぇ!
いやぁ、いいねぇ〜

atatakai-fukuatatakai-fuku 2009/09/30 23:10 コメントありがとう!
今回のキャンプは本当に行って良かったなって思ったよ〜。

atatakai-fukuatatakai-fuku 2009/10/02 00:51 (追記)
レイバーネットに記事が出てます。
メディフェス分科会「いま、成田空港で何が起きているか」
http://www.labornetjp.org/news/2009/0920narita

2009-07-13 SiCK!とZINES MATE Tokyo Art Book Fair 2009に参加しました

SiCK!4周年パーティにpass into silenceのライブで参加しました(映像担当)。この日は5曲と5本のミュージックビデオを初披露。久しぶりに緊張したけど、楽しく出来ました。実は5本のミュージックビデオを作るのに、とても時間がかかってます。ライブの感想はおおむね好評で、仕事から帰って来て、毎日映像作りに没頭したのが報われた瞬間でもありました。細部をもう一度作り直して、次へといきたいです。

ライブを終えて、早朝、家で少し仮眠を取って、原宿へ。制作したZINE(手作りの雑誌のようなもの)を出展している「ZINES MATE Tokyo Art Book Fair 2009@原宿」へ向かいました。会場は想像以上に人で溢れていて、全く知らない人が自分のZINEを手に取ってくれて読んでいる姿を見ていると嬉しくなります。会場の様子を小さなビデオカメラで撮影したので、vimeoにアップしました。会場がどんな感じだったかは下のビデオを見てみて下さい。

 

2009.07.12 ZINES MATE Tokyo Art Book Fair 2009@VACANT from takaaki hirano on Vimeo.


会場で購入した写真家Mark Borthwickの音楽CD。本人の手作り感でいっぱい。

f:id:atatakai-fuku:20090714001321j:image

f:id:atatakai-fuku:20090714001458j:image

Mark Borthwickの写真集「not in fashion」

f:id:atatakai-fuku:20090714001657j:image

f:id:atatakai-fuku:20090714001941j:image


今回、2つのイベントの準備などが激しく忙しく、ZINES MATEの方はキャンセルしようかと一瞬思ったのですが、やりきって良かったです。睡眠不足と頭痛にも勝るものを得ました。

da-beginningda-beginning 2009/07/15 00:48 ライブよかったよ。lost childrenのワンシーンは特によかった。

atatakai-fukuatatakai-fuku 2009/07/15 08:34 ありがとう。女の子が走っているあれは、1番自分らしく、自信作です。

takashitakashi 2009/07/17 01:03 面白いことやってるねぇ!!!
HP作ってよーーー
ってかその前に素材(作品)集めます!
仲間が頑張ってるとやる気でるよねぇ〜

atatakai-fukuatatakai-fuku 2009/07/19 10:35 ありがとう。素材集まったら教えてね。シンプルなホムペなら作れるよ!
コラボ作品もそのうちやりましょう!建築パワーと映像で何かね。

2009-07-11 本日SiCK!4周年パーティでライブ、明日はアートブックフェアに参加

ZINE'S MATE: TOKYO ART BOOK FAIR 2009

http://www.zinesmate.org/

http://www.zinesmate.org/exhibitors/1475/

f:id:atatakai-fuku:20090711113600j:image

pass into silence

f:id:atatakai-fuku:20090412112750j:image

ケルンのアーティストScott

f:id:atatakai-fuku:20090711113411j:image

本日、SiCK!4周年パーティです!みなさん遊びに来て下さい。僕はpass into silenceでライブします。ゲストでドイツケルンからアーティストScottが来日ライブします。pass into silenceもドイツケルンの音楽レーベルKOMPAKTから作品をリリースしています。

翌日は日本初の大規模なアートブックフェア「ZINE'S MATE: TOKYO ART BOOK FAIR 2009」に参加。主催は本屋さんUtrecht(ユトレヒト:代表 江口宏志)とイギリスロンドンを中心に活動するPAPERBACK(代表 Oliver Watsonオリバーワトソン)。ZINE(ジン)と呼ばれる出版物を中心としたブックフェアです。Bless Momentからは僕と相方の竹ちゃんがそれぞれ作品を出展。どちらともコンビニのコピー機で作ったZINE(ジン)で、僕の方は日々感じる感情を小さな物語に変換した文章を中心に構成したもので、竹ちゃんの方は写真集です。1部1000円で売っていますので、会場に遊びに行く方はぜひ見つけてみてください。


SiCK! 4th Anniversary Party

2009.07.11(sat)

START 22:00 @ANGELO

Entrance 2000Yen with 1drink

公式ホームページ http://www.sickyokosuka.com/

[DJ]

SiCK DJs

[VJ]

Pile Of Dog Shit

Bless Moment

[LIVE]

pass into silence

[GUEST]

Scott (Traum / Germany)

pass into silence

pass into silence は、楽曲担当のTetsuoと映像担当のMayuchiのアンビエント・ユニットとしてス タート。KOMPAKTケルン)のWolfgang Voigtに見いだされ、2003年に"Pop Ambient 2004"に収録された "sakura"でデビュー。2004年にはKOMPAKTよりファーストミニアルバム"Calm like a Millpond"をリリースし、海外でも高 い評価を得る。"Pop Ambientシリーズ"には2004〜2006まで3年連続で楽曲が収録された。 その後、活動を一時休止したが、映像担当にTakaaki Hiranoを迎え、音と映像が完全同期したライブ を行うことを目的に、アンビエントのみならず、テクノ、ハウスもプレイする新生pass into silence として活動を再開。待望の初LIVE。

------------------------------------------

ZINE'S MATE: TOKYO ART BOOK FAIR 2009

公式ホームページ

http://www.zinesmate.org/

Bless Moment紹介ページ

http://www.zinesmate.org/exhibitors/1475/

2009-06-18 日本語版編集で参加したドイツ映画「ZAUN」上映イベントのお知らせ

f:id:atatakai-fuku:20090616140418j:image

最近は・・・6/16 イマジカにてMA、音の編集作業。

f:id:atatakai-fuku:20090618215715j:image

スペイン産のインディペンデント・マガジン「Apartamento」を購入。とってもいいです。


さて、明日のお知らせです。6/19(金)の夜にドイツのドキュメンリー映画「ZUAN」等の上映会します。去年、この日本語版編集を土屋豊さんとしました。とても面白い作品なので、みなさん遊びに来て下さい。お酒やお茶を飲みながらのイベントなので、直前でもお気軽に電話&メッセージください。

----------------------------------------------------

第13回1COINサロン「G8サミット直前特別企画!」

映画「ZUAN(フェンス)」&「G8捉えにいった猫たち」

----------------------------------------------------

2007年ドイツのG8サミット。その会場周辺が13Kmものフェンスで囲まれ、交通が遮断されたことをご存知ですか?地元住民、警察、メディア、運動家など会期中の一部始終を記録した映画「ZUAN(フェンス)」が遂に1COINサロンにて上映決定!そしてもう1つ「G8捉えにいった猫たち」は、昨年開催された洞爺湖サミットの様子と韓国キャンドルデモの様子を韓国メディアクトのキム・ジュヨンさんがまとめた必見の作品です。今年、7月にイタリアで開催されるG8の前に、これまでの“おさらい”をしてみませんか?

■日 時 2009年6月19日(金)

■時 間 19:30〜22:00

■場 所 OurPlanet-TVメディアカフェ http://www.ourplanet-tv.org/

■参加費 500円(1ドリンク付)

※はじめてお越しの方は、お電話かメールをいただけると幸いです。

=========================

映画「ZAUN(フェンス)」

(70分・2007年・ドイツ

監督:Armin Marewski・ Andreas Horn

翻訳:嶋秀教・サーシャクリンガー ほか

日本語版編集:土屋豊・平野隆章 ほか

2007年にドイツで開催されたG8ハイリゲンダムサミット

サミット前から開場周辺には13キロにわたるフェンスが張り巡らされ、全ての交通が遮断された。このドキュメンタリーは、このフェンスを主役として、フェンスの中で暮らすソーセージ屋から、G8の警備を統括する警察、メディア、G8に反対する人々などなど、サミット会期中に周辺で起こった様々な出来事にカメラを向け、その一部始終を記録している。

=========================


あ、ピーター・バラカンさんがOurPlanet-TVの紹介をしてくれてます。

http://peterbarakan.cocolog-nifty.com/

2009-06-08 今週土曜日の夜、新宿でBless Momentがライブで参加します

f:id:atatakai-fuku:20051009044136j:image


2009年6月13日(土)FILASTINEライブ

from 「高円寺一揆 in Nakano」上映会

http://irregularrhythmasylum.blogspot.com/

FILASTINEの演奏に最適なショッピングカートの発見(素人の乱の売り物)、インドネシアのアクティヴィスト・ラッパーNovaとの共演、ECDの乱入、メーデーを前にして異常なテンションの聴衆…… いろいろないい要素が混ざり合い、盛り上がりまくった「高円寺一揆 in Nakano」でのFILASTINEのライブ。その記録映像が完成したのでみんなで見ましょう。音質良好なまるまる1時間のフルセット。大きな音で見ます。踊ってしまってもいいかもよ。上映の前後に、Bless Momentによるプレイもあり!

■ Filastine プロフィール   GreyFilastine(グレイ・フィラスタイン)はスペインバルセロナに拠点を置くプロデューサー/ミュージシャン。 日本ではROMZレコードから作品をリリース。

http://www.filastine.com/

http://www.romzrecord.com/enter/03artist/_filastine/index.html

■日 時  6月13日 (土) 20時スタート

■料 金  入場無料、だけどワンドリンク・オーダー(コンビニチェーン店じゃなく、シーンをサポート!)はよろしく。届いたばかりのスペイン産「CNT (全国労働連合)ワイン」も飲めます。

■場 所   Cafe★Lavanderia  東京都新宿区新宿2-12-9 広洋舎ビル1F TEL03-3341-4845/FAX03-6380-5891

http://maps.google.com/maps/ms?client=safari&oe=UTF-8&ie=UTF8&hl=ja&msa=0&msid=104386838012829916206.00046bc5b9f620b995eb6&ll=35.69064,139.70762&spn=0.001667,0.002562&z=19

興味のある方はお気軽にメッセージください。

Bless Moment

http://www.blessmoment.com

2009-05-10 5月の散歩

f:id:atatakai-fuku:20090510153815j:image


久しぶりに会う友達と御茶ノ水で待ち合わせ。神田祭り→千駄木谷中根津上野をぶらぶら。谷中根津の路地裏の植物がかわいい。写真をたくさん撮ろうと思ったけど、カメラ(DP2)を忘れたのでiPhoneにて撮影。無理やりなガーデンニングではなく、小さく工夫された植物たち。まだ5月だけど、この日は半そでで丁度よいくらいに暖かく、会話もよくて、何年かに一度の。

2009-04-29 暮らしそのもの

f:id:atatakai-fuku:20090429165337j:image

f:id:atatakai-fuku:20090429191005j:image

DP2

東京駅の本屋をふらりと立ち寄れば、ビジネス書が山積みになり売られているのですが、ああいった本はほとんど嫌いです。少し前に横浜で買った西村佳哲さんの「自分の仕事をつくる」という本は、一見ビジネス書っぽいですが、「働き方が変われば社会も変わる」という確信のもと、魅力的なモノづくりの現場を訪ね歩き、その働き方の秘密を伝えるノンフィクション・エッセイです。どうしてか海にいたら、この本の言葉を思い出しました。

「経験というものは、何か他のことに役立つから重要なのではなくて、たんに存在しているということだけで重要なのです。木を植えるのは、リンゴが欲しいからというわけではない。ただ美しいからという理由だけで植えることもあるのです」ーミヒャエル・エンデ

NAKANOXNAKANOX 2009/05/15 20:40 買ったんだね、デジカメ!FOVEONですか!

ひらのひらの 2009/05/15 23:29 コメントありがとうございます!色々迷ったあげくDP2買いましたよ。ご飯いきましょーよ。

2009-04-16 ICCキュレイター四方幸子さんを迎えた1コインサロン

f:id:atatakai-fuku:20090417000132j:image

f:id:atatakai-fuku:20090417000158j:image


4月10日(金)OurPlanet-TVにて、ICCのキュレイター四方幸子さんをゲストに迎えて1コインサロンというイベントをやりました。2008年にNTTインターコミュニケーション・センター(略称:ICC)の「Media Explosion!!」というイベントに個人的に出させてもらって、映像と音楽のライブパフォーマンスをやったのが今回の企画のきっかけです。実はこの出会いもすべて友人のタカノヨウコさんのおかげだったりします。

僕はこの日はファシリテーターもしました。はじめに、OurPlanet-TVの説明をし、なぜ四方さんに来てもらったのかを話しました。四方さんが世界中を回ってる著名なキュレイターなのはもちろんですが、ひとつは、自分がイベントに出させてもらった時にICCがとてもオープンな場所だと感じたからです。もうひとつは、2月に四方さんがキュレーターの「ライト・[イン]サイト」展に行き、1時間ほど見ていたのですが、お客さんが小さな子供から、若者、着物を着たお年寄り、そして国籍問わずにさまざまな人がいたのがすごいと思いました。そんな幅広い人たちに向かって発信している人は、『人に伝えるということ』を人一倍大切に思ってるに違いない、是非話が聞きたいと思ったのです。僕自身はICCを訪れると、自分のものの見方をゆさぶられ、変えられ、自由な気持ちにさせられるので、そういうパワーを来てくれた方に感じてほしいという思いもありました。

そして、19時30分スタートで四方さんのトークがはじまりました。四方さんが影響を受けたアーティストから、今まで手がけたプロジェクトを写真や映像、音を使って話してくれました。内容はほんと素晴らしかったです。具体的なプロジェクトやアーティストの話で面白いことはたくさんあり、感想も山ほどあるのですが、そういった事とは別にいくつか印象に残った言葉をメモしておきます。『作家として作品を出すのではなく、人々が触れ合う装置のようなものを作るアーティストと一緒にやってきたしたし大切にしている』『アーティストは妄想的だけど、それが実現してしまうときもある』『提案することが大事』『自分の考え、ものの見方は変えていい』『見ている人が触れてアーティストが予想もできないような作用が起こることもある』『作品というよりかはプロジェクト。人々に広く投げかけていくことをやっていきたい』『いろいろな人との出会いが今の視点を作った』などなど。まだまだたくさんあるのですがこれくらいにしておきます。

トークの後に休憩をとり、1人1人自己紹介や質問、ディスカッションなどで23時すぎ頃まで盛り上がりました。1人1人の質問に対して、丁寧に答えている四方さんの姿勢に『伝えるということ』への真摯な思いを感じ感動しました。日々、見たり聞いたり触れたりするものが自分を作るのだから、こうやって自由なことをやらせてくれる場所で働いてるのはラッキーなことなのだと思います。『自分の考え、ものの見方は変えていい』−−なんて素敵な言葉だと思いました。

この日は友達が何人か遊びに来てくれて、とても嬉しかったです。みなさんありがとうございました。


----------------------------------------------------

 第9回1COINサロン

 『Projecting the Future:投げかけていくこと』

----------------------------------------------------

つねに起こりうる状況や人々の潜在的な可能性を感じとり、人やモノを新たな出会いや連結に開くことで、かつてない状況を生成させていくこと。それらを広く人々に投げかけていくことで起こる、情報の読み替えやエネルギーの動的連鎖‥。「メディエーター(媒介的行為者)」と自らを位置づける四方幸子さんが、関わった実験的なプロジェクトを紹介しつつ、未来への創造的投企について語る。

◇四方幸子(しかた・ゆきこ)

NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]特別学芸員東京造形大学特任教授、多摩美術大学客員教授。20世紀〜現代の横断的なアートの可能性を研究、並行して多くの展覧会やプロジェクトを国内外でキュレート。代表的なものに「アモーダル・ サスペンション」(山口情報芸術センター、2003)、「MobLab:日独メディアキャンプ2005」、「ライト・[イン]サイト」(ICC、2008)など。

■日 時 2009年4月10日(金)

■時 間 19:00〜 ※開始19:30

■場 所 OurPlanet-TV メディアカフェ

■参加費 500円(1ドリンク付)

※はじめてお越しの方は、お電話かメールをいただけると幸いです。

2009-03-21 MELL EXPO 2日目とTRIANGLE@横浜日ノ出町Sound Community DUB

f:id:atatakai-fuku:20090321145434j:image

MELL EXPO 2009

f:id:atatakai-fuku:20090321132707j:image

MELL EXPO 2009

f:id:atatakai-fuku:20090321224833j:image

TRIANGLEのUMEZOUさん


メルエキスポの後に、横浜日ノ出町でやってる友達のパーティへ。軽食てるゐ(てるゐ食堂) のバーガー美味い!