Hatena::ブログ(Diary)

Atelier Manuke

2016年03月05日

2016/03/05

やはりこれはブログ向けの記事か。久々にブログで。

読まねば選べず、読んでばかりでも選べない、と諦めて、今年も、孤独に、勝手に、独断で、ひっそりと2015年映画書ベストテンを発表してしまいます。例年以上に「あれもこれも読んでないのに」感が強く、いろいろ抜けているかと思うと、八方に向かって頭を下げます。いつもながら主題性と着眼点に重きを置いた選考です。

1 一頁のなかの劇場(中山信行編著)

2 黒澤明 樹海の迷宮(野上照代

3 ホフマニアーナ(アンドレイ・タルコフスキー

4 国境を超える現代ヨーロッパ映画250(野崎歓・渋谷哲也・夏目深雪・金子遊編)

5 映画の荒野を走れ プロデューサー始末半世紀(伊地智啓)

6 チェコ手紙&チェコ日記 人形アニメーションへの旅 魂を求めて(川本喜八郎

7 ミシェル・ルグラン自伝(ミシェル・ルグラン)

8 ぼくが映画ファンだった頃(和田誠

9 映画館 中馬聰写真集

10 円山町瀬戸際日誌(内藤篤)

次点

政岡憲三とその時代(萩原由加里)

役者は一日にしてならず(春日太一

映画探偵(高槻真樹)

幻燈スライドの博物誌 プロジェクション・メディアの考古学(土屋紳一・遠藤みゆき・大久保遼編著)

『一頁のなかの劇場』は、店の顧客リストまで公開してしまうとあらば、古書店界から見れば反則技だろう。でも確信犯だから止められない。一つの職業が抱えてきた、これまでほとんど自分の視野になかった映画知の体系をまるごと浴びるこの面白さは何ものにも代え難い。まさに蛮勇である。個人的にも、映画書を主題とするやや風変わりな展覧会を企画し、映画書とは何か?を考え抜いた年だったので、ためらいなくこれを1位とする。『黒澤明 樹海の迷宮』のすごさは、黒澤映画最大の謎だった『デルス・ウザーラ』の現場に、ついに言葉が届いたこと。ロシア人、よく耐えたなあ。中井キャメラマンも耐えに耐えた。今は黒澤以上にこの方々を讃えたい。『ホフマニアーナ』は、企画そのものが美しい。だからこの本も美しい。『映画の荒野を走れ』と『円山町瀬戸際日誌』は2015年の夢中速読本の双璧。『チェコ手紙&チェコ日記』は川本喜八郎の私信の集積だが、将来人に読まれることを想定していたのだろう、彼の現況の説明が親切で、クリアな知性がどの文にも満ちている。実はいちばん感銘を受けるのが、チェコにも過剰に期待することもなく、そして自分が帰国した後の日本の人形アニメーションの展望もクールに分析しているところ。『ミシェル・ルグラン自伝』の魅力は、その華麗な経歴もさることながら、常に「いま、ここにいる私」から過去が語られているところ。これはまとめた編集者の力も強いんだと思う。続篇も刊行されると聞いているので期待。写真集『映画館』の美質は、曖昧に「人間」を主人公にしていないことだ。映画館にまつわる「映画と人の関わり」ではなく、映画の物質性そのものに向かっている。

2015年は、アンドレ・バザン『映画とは何か』とエリック・バーナウ『ドキュメンタリー映画史』の復刊された年としても記憶されるだろう。ビジュアル本では『剣戟と妖艶美の画家・小田富弥の世界』が健闘。弥生美術館はこの分野では誰の追随も許さない。現場写真では『怪獣秘蔵写真集 造形師村瀬継蔵』、宣伝アートワークでは『コンプリート ワークス オブ ドゥルー・ストゥルーザン』の刊行が特筆される。

サミュエル・フラー自伝」を選んでいないのは、まだ読めていないから、それだけです。

2015年04月01日

2015/04/01

5月3日(日)の不忍ブックストリート一箱古本市に、展覧会「シネマブックの秘かな愉しみ」応援団の箱が参加します。場所は、特別養護老人ホーム谷中台東区谷中2-17-20)と決まりました。ぜひご来場ください!

http://sbs.yanesen.org/?p=3927

2015年03月17日

2015/03/17

私も審査委員を務めた第56回科学技術映像祭の結果が発表された。審査委員の多くは科学のスペシャリストだが(もちろん私はそうではない)、その目からも『鳥の道を越えて』は文句なしの評価を得た。

あと個人的にうれしいのは、東京シネマで活躍した名キャメラマン豊岡定夫さんの遺作『生命の誕生 絶滅危惧種日本メダカの発生』(2015年、13分)の受賞。小さくて地道な映画なのだが、日本の科学映画のクラシシズムというか、顕微鏡映画の“正統”としての品格に感銘を受けた。4月16日に科学技術館で、5月9日にはすかがわ国際短編映画祭で上映される。顕微鏡映画なのにラストショットでボロ泣きしてしまった。

f:id:atelier-manuke:20150318003043j:image

2015年03月16日

2015/03/16

突然の活動停止から20年、サラ・レコーズが自らアーカイブ・サイトを開設しました。愛する人たちはともに涙しましょう。

http://sarahrecords.org.uk

2015年02月23日

2015/02/23

シネマトゥデイ」の「ぐるっと!世界の映画祭」で、先月参上したジュネーブの映画祭が取り上げられました。よろしければご一読ください。

http://www.cinematoday.jp/cat/world_festivals

2015年02月12日

2015/02/12

これまで少なくとも22のバージョンが作られ、5回の復元が試みられたアベル・ガンスナポレオン』のデジタル復元作業が、熱狂的なガンス研究家ジョルジュ・ムーリエ氏(会ったことがあるのですが迫力のある人でした)による6年の準備調査を経てついに始まる。1927年の公開時は三面マルチスクリーンの4時間版と一面のみの9時間30分版が作られたが、今回の復元はガンスが望んだ最終的着地点である6時間30分三面マルチ版を目指すという。集められたフィルムは1000巻以上、うち400巻は過去のどの復元にも使われていないフッテージとか…。完成予定は2017年

2015年02月08日

2015/02/08

読まねば選べず、読んでばかりでも選べない、と諦めて、そろそろ今年も、孤独に、勝手に、独断で、ひっそりと2014年映画書ベストテンを選びました。例年のことですが、網羅性はありません。また主題性と着眼点に重きを置いた選考です。

1 スクリプターはストリッパーではありません(白鳥あかね)

2 映画の奈落(伊藤彰彦)

3 夢を喰らう キネマの怪人・古海卓二(三山喬)

4 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか(塩田明彦

5 クリス・マルケル 遊動と闘争のシネアスト(金子遊・東志保編)

6 伝説の映画美術監督たち×種田陽平(種田陽平)

7 映画音響論(長門洋平)

8 ヒッチコックエリック・ロメール他)

9 岡本喜八全仕事データ事典(寺島正芳)

10 土木映画の百年(土木学会土木技術映像委員会編)

次点 戦前日本SF映画創世記高槻真樹)

次点 80年代映画館物語(斎藤守彦)

次点 映画系女子がゆく!(真魚八重子

次点 岳人冠松次郎と学芸官中田俊造 展示解説書(北区飛鳥山博物館編)

次点 ピンク映画史(二階堂卓也)

次点 ヌーヴェル・ヴァーグの全体像(ミシェル・マリ)

企画賞 フィルムは生きている(手塚治虫)<復刻に対し>

企画賞 中島春雄怪獣写真集(中島春雄)

企画賞 吉祥寺バウスシアター 映画から船出した映画館(ラスト・バウス実行委員会編)

企画賞 1969―新宿西口地下広場(大木晴子・鈴木一誌

企画賞 依田義賢 人とシナリオ(依田義賢)

ここ20年ほど、時代を築いた映画スタッフのインタビュー本はいくつもあったが、1位はその中でも「映画の現場」を女性の眼から射抜いた得難い書。そしてオトコのわがままとロマンティシズムを知り尽くし、その限界まで見据えた上で見守ってきた人間の優しさの書。3位は、竹中労の「日本映画史縦断」で喧伝された伝説のアナキスト監督がにわかに甦った。竹中の祝祭的スタイルを超えて、自らがその監督の孫であるというパーソナルな決着への志向と、評伝としての客観的な分析性がハーモニーを見せる。6位はそれ自体がひとつの芸術体系ともいえる映画美術の思想を現在へ継承しようとした粘りの一冊。まさに保存版。9位は開いてみて途方に暮れる。例えばビブリオグラフィの一冊一冊にすべて解説があり、つまりは全部読み込んでいるのかと。

次点もたくさん選ばざるを得ない。「80年代映画館物語」は、巻末の膨大な都内主要館番組表が圧巻で、資料性も抜群。「岳人冠松次郎と学芸官中田俊造」は文部省山岳映画の大いなる時代に徹底調査で迫った一冊。「依田義賢 人とシナリオ」は、コッポラとの共同企画「ゲーテの『親和力』による翻案脚色の4篇のオムニバス」にとにかく驚かされた。「ピンク映画史」は、タイトルに似合わず著者の体臭がするところが持ち味。読み口は軽いのになかなか読み終わらない本というのがある。「いつまでもダラダラ読んでいたい」という褒め方はできないが、終わってみて「俺はこの本と付き合ったよ」という気だるい充足感は味わえる。ただ人名索引がほしかったし、編集側はもっと細部に介入すべきだった。あと日本初のジャン・パンルヴェ論を展開した三浦哲哉「映画とは何か」にも敬意を。

未読で気になっているものは「トリュフォー 最後のインタビュー」「曽根中生自伝 人は名のみの罪の深さよ」「マンガと映画」「映画の生体解剖」「メロドラマを読む」「ミッキーマウスストライキ! 米国アニメ労働運動100年史」「敗戦とハリウッド 占領下日本の文化再建」「〈喜劇映画〉を発明した男──帝王マック・セネット、自らを語る」などなど。まだ色々忘れている気がします。

2015年01月21日

2015/01/21

映画祭参加者から映画アーキビストに戻って、最終日はシネマテークスイスを訪問。アラン・タネールほかスイス映画の革新を世界に知らしめた批評家フレディ・ビュアシュが45年間率いた(館長職は退いたが今もご存命)やや神話的な香りのするシネマテーク。

まず、レマン湖畔のローザンヌから内陸に数駅入った丘の窪みにある、建設中の保存センターへ。2013年に半分完成したので所蔵フィルムや資料を三か月かけて搬入したものの、連邦政府の都合により残り半分の完成は2018年まで待たされることに…。「ここ、今は事務室にしてますけど、将来は図書の閲覧室になるはずです」。皆さん、ピカピカの建物をせまぜましく使って仕事をしている。

「これ、ダグラス・サーク旧蔵品なんですが、何でしょうか?」。美しく彩色された四角い和凧が8点あった。『人生の幻影』のあのベランダから凧揚げをしたわけでもなかろうが、眺めて楽しんでいたのか。あと日本語で書かれたポストカードが一枚、「何と書いてありますか?」。この秋ダニエル・シュミット監督を招いて映画祭を開催するのでどうぞよろしくというアテネ・フランセ文化センターの残暑見舞いだった。つまり1982年。ひと通り説明をすると、皆さん一同「ああ、なるほどね!」。

上映活動は、ローザンヌ市内の高台の公園にある歴史的建造物を使って行っている。ローザンヌは土地の起伏が激しく、国鉄駅前からいきなり坂道が切り立っている。遠い対岸の山々が神々しい。ゴダールの『フレディ・ビュアシュへの手紙』にある通り、真冬であっても「青と緑の間にある」街だった。

2015/01/19

昨晩、こちらでの全仕事終了。正月返上で講演会原稿を書いた甲斐がありました。さすがに疲労困憊して、DJのガンガン入る映画祭公式の終夜バーには参上せずバタンキュー

スイスデザイン」と言われるだけあってイベントの宣伝デザインもフランスなんかよりずっと上、グラフィックアートの学校も多い。映画祭の中でポスター展をやりたいという発想もスイス的かも知れません。

f:id:atelier-manuke:20150121204902j:image

2015/01/17

今日は終日雨降り。展示作業が終わり、夕方はヴェルニサージュ。夜は上映の解説が二つ。明日は展示解説と講演会。結構忙しい。

f:id:atelier-manuke:20150121204536j:image

2015/01/16

スイス・フランの暴騰で両替所の前に長い列をなす人々。歴史的瞬間かも。

f:id:atelier-manuke:20150121204426j:image

2015/01/15

ジュネーヴに到着。パリを縮小して静かにして清潔にしたような街です。ブラックムービー・インディペンデント映画祭の特別企画として行われる「日本アート・シアター・ギルド映画ポスター展」は、ローヌ河の中洲にあるこの芸術会館が会場。ギャラリー、芸術専門書店、バンドデシネ展示室、レストランなどが入っています。企画者は、映画祭のポスターやウェブサイトも請け負っている地元のグラフィック・デザイナーたちの組織。ATGポスターとは素晴らしい目のつけ所ではありませんか。

f:id:atelier-manuke:20150121204337j:image

2014年12月27日

2014/12/27

2014年の映画の展覧会ベスト5を、誰に言われてもないですが勝手に発表します。フィルムセンターの企画は除外します。

1 ティム・バートンの世界(森アーツセンターギャラリー

2 映画をめぐる美術(東京国立近代美術館

3 松本瑠樹コレクション ユートピアを求めて(世田谷美術館

4 野口久光 シネマ・グラフィックス(京都府京都文化博物館

5 淀川長治 映画の部屋(鎌倉市川喜多映画記念館)

次点 岳人冠松次郎と学芸官中田俊造(北区飛鳥山博物館

次点 東欧アニメをめぐる旅(神奈川県立近代美術館葉山)

名実ともに世界水準の企画である「ティム・バートンの世界」が日本に来たことの意義は大きい。「映画の展覧会」という分野のマイナーさを苦もなく突破し、新時代を画したと言っても大げさではない。「映画をめぐる美術」は映画の側からは驚くほど注目されなかったが、現代美術作家と美術館が映画に対してできることを追求した結果として、より正当な評価を受けるべき。正直に言うと、興奮させられる作品もあれば、まったく関心の抱けない作品もあった。所詮、住む世界は違うのだ。それだけに、映画の側からのしなやかなレスポンスが欲しかった。さて、印象の強烈さからいえば今年随一だろう「ユートピアを求めて」は、松本瑠樹コレクションが日本の宝であることを再認識させてくれる。初期ソビエト映画のポスターだけではない、その全貌が明らかになるのはいつの日だろうか。「淀川長治 映画の部屋」は、まず映画評論家にまつわる展覧会という企画が先駆的。さらに「読ませる展覧会」としても成立している。「岳人冠松次郎と学芸官中田俊造」は主題として激しくシブいが、戦前の山岳ドキュメンタリーへの調査の精密さが一目で分かり、今年の隠れた名企画だろう。カタログもおすすめ。「ミシェル・ゴンドリー世界一周」(東京都現代美術館)は参加型の展覧会として画期的だが、展示としてはやや弱いか。一方、実はなかなかの迫力があったのが飯田橋ギンレイホール主導の「名画座主義で行こう」の展示(飯田橋ラムラ)。映画館写真も見逃せないが、何といっても戦後復興期の国産映写機の威容が素晴らしい。あと「水木洋子展」(市川市文学ミュージアム)は、いつもながら地元での調査研究の深みが出ていて好印象を持った。残念ながら今年は「恵比寿映像祭」は逃してしまった。展覧会で観た映像としては、フィオナ・タンの個人的映像アーカイブ論『影の王国』(東京都写真美術館「フィオナ・タン まなざしの詩学」企画内上映)の優しさがいちばん心に沁み入った。

2014年12月02日

2014/12/02

BRUTUS」最新号映画特集は必読です。映画を紹介するのではなく「映画が好き」とはどういうことかの探求。私もブックガイドの欄で小さく出てます。

f:id:atelier-manuke:20141202233616j:image

2014年11月10日

2014/11/10

今年の映画本の白眉は、これかも知れない…。自費出版の恐るべきデータブック、ビブリオグラフィーのほぼすべてに数行のコメントがついている。岡本喜八というのは、いつになっても男が惚れる男なのだな。

f:id:atelier-manuke:20141110170739j:image

2014年11月06日

2014/11/06

日本では出たサミュエル・フラーの小説『脳髄震撼』、実はアメリカでは初の出版なんだそうな。この表紙めちゃくちゃいいな。

f:id:atelier-manuke:20141107005841j:image

2014年11月03日

2014/11/03

千葉市美術館は東京から全然遠くない!「赤瀬川原平の芸術原論展」。はからずも追悼展となったが、読売アンデパンダンハイレッドセンター・千円札裁判・櫻画報・小説執筆・超芸術トマソン・ライカ同盟・老人力、と時代ごとに新しい顔で社会の前面にせり出してくる、その特異なアンテナの切り替え方を改めて感じざるを得ない決定版。その気になれば三時間は優に楽しめるのでそのつもりで。どこにでも面白いものを見つけ、何を創っても、何を批判してもその奥に鋭利なユーモアがある。常に指針となる人でした。

受付の方に「入場料が1000円なのは赤瀬川さんの展覧会だからですか」と伺ったのですが、大体いつも1000円か800円とのことで、特別な計らいではありませんでした。

f:id:atelier-manuke:20141103132334j:image

2014年10月27日

2014/10/27

伊勢谷友介さんのとのソビエト映画ポスタートーク、ついに一部公開です。

D

【伊勢谷友介×岡田秀則ロシア映画ポスター対談「戦艦ポチョムキン

2014年10月22日

2014/10/22

マグナム・フォトの重鎮写真家ルネ・ブリが20日死去。81歳。1961年の来日時に撮った『椿三十郎』撮影中の黒澤明

f:id:atelier-manuke:20141023003227j:image

2014年10月21日

2014/10/21

ミシェル・ゴンドリー世界一周」展@東京都現代美術館。あまり時間をかけずに観られてしまうのがかえって寂しくもあるが、視覚的には楽しくできている。映画作りワークショップのセットが詰まった部屋、ここに入ったら子どもたちは楽しいだろうなあ。ヘッドフォンをつけて散策するスタイルでミュージック・クリップ群の再編集版も観られるが、なるほど、この人の仕事はむしろ断片化して観た方が面白いかも知れない。

『ムード・インディゴ』の哲学者ジャン=ソール・パルトル氏もいます。

f:id:atelier-manuke:20141019150809j:image

f:id:atelier-manuke:20141019151216j:image

f:id:atelier-manuke:20141019150949j:image

2014年10月07日

新垣隆さん、お帰りなさい!

新垣さんは、現代音楽界だけでなく、無声映画伴奏の世界でも大切な方です。

http://www.momat.go.jp/FC/NFC_Calendar/2014-10/nittei.html

2014年10月05日

大雨のなか「松本瑠樹コレクション ユートピアを求めて」開会式@世田谷美術館。昨年の、あの広々とした神奈川県立美術館葉山の空間を埋め尽くしたあのポスター群、世田谷ではかなり展示点数減少では?と思っていたら、学芸員さん「全部入っちゃいました」。必殺技、禁断の三段掛け! ポスターだから許される展示方法です。これがまた会場の迫力につながるんだから面白い。社会を変えれば芸術も変わる、芸術を変えることで社会も変わるという意識で作られた作品の熱量に、今回も圧倒された。

生前の松本瑠樹さんご本人のインタビューが収められた1997年のTV番組「幻の赤を求めて」がモニター上映されている。必見です。

f:id:atelier-manuke:20141005160308j:image

2014年10月02日

2014/10/02

学校から親への<生徒欠席の通知書>。「貴殿ラシュネー家のご子息は、本日の午後、本校に出席していません」。下の方に先生の手書きで「この生徒はトリュフォーという仲間と一緒に町をうろついていたと思われる。厳しい罰を与えてください」。10月8日からシネマテーク・フランセーズで始まるフランソワ・トリュフォー展の展示品。

f:id:atelier-manuke:20141003003030j:image

2014年10月01日

2014/10/01

ギンレイホール40周年記念企画「名画座主義で行こう」の展示@飯田橋ラムラ。あなどるなかれ、めちゃめちゃ面白いぞ。必見は、原爆投下からたった3年後、1948年広島で製造された映写機メーカー「ニッセー」の名機。映画館写真も一枚一枚楽しい。

f:id:atelier-manuke:20141001195053j:image

2014年09月30日

2014/09/30

ブログどうした?」と友人に言われた。ネットの活動はほとんどFBに移行し、そっちは元気なのだが、結果このブログは寂しくなってしまった。それでも今日はいくつかのことを。

(1)

今どきフィルム製造始めるぞ!と宣言した新生フェラニア社が製品を発表。写真フィルムは青パッケージ、映画フィルム(16mm、8mm)は赤パッケージ。地味かわいい。なんか絵はがきも売ってるようだが、"Postcard from Italy"って、それベイルートの曲名だろ。

http://www.filmferrania.it/kickstarter/

(2)

『フランシス・ハ』@ユーロスペース。『イカとクジラ』よりもっとスマートになった。86分というサイズを意識したまとめ方が好印象。酒でよく失敗をしでかす、それでいて時々変に意固地になる、そんな女性はとりわけ見逃さぬよう。それにしても、この公開はトリュフォー映画祭の序奏だろうか? トリュフォー映画の音楽をあられもなく再利用しまくってる。ドルリューだけじゃなく、デュアメルもコンスタンタンも。しかもあんまり画面に合ってない…。まあ、ボウイの「モダーン・ラブ」を『汚れた血』みたいに使ったのは、いい加減にしろとは思ったけど、それほどいやな感じはしません。

(3)

鎌倉市川喜多映画記念館「淀川長治 映画の部屋」の最終日にどうにか滑り込んできた。映画評論家についての展覧会は難しいだろうと思っていたのだが、チャップリンから現代まで、ポスターとともに示される淀川さんの言葉がスルスルと読めてしまうので、「読む展覧会」としてかなり楽しめた。1940年に大ヒットさせた『駅馬車』の広告の「驛馬車」という描き文字も淀川さんが書いたとか、自宅に来たゴミ収集の人と前日の「日曜洋画劇場」の話で盛り上がったとか、1987年から亡くなるまで住んでいた全日空ホテル34階スイートルームの写真(撮影は篠山紀信)とか、くすぐりもなかなか利いた企画。館の方にお聞きしてみると、とても若いお客さんの多い展覧会だったそうだ。

しかし、お勧めしようにも、会期は終わってしまったのでした…。サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。

(4)

60年にわたり映画資料を収集されてきた北九州の映画資料館「松永文庫」の松永武さんと「スポーツニッポン九州版(9月21日)で対談をしました。掲載紙が送られてきてびっくり。見開きだった。

f:id:atelier-manuke:20141001010443j:image

2014年09月02日

2014/09/02

名画座かんぺ」9月号、フィルムセンター配布分の特別付録として「京橋界隈カレー店MAP」をつけていただきました。新たなカレーの町京橋、デザイナーさんや京橋リピーターの方々の協力を得て、日頃の調査がついに形になりました。総計15店。うちインド系7店。お店の評価は私に直接聞いていただければひっそりお話します。

f:id:atelier-manuke:20140902125540j:image

2014年08月28日

2014/08/28

本日、ジャック・ドゥミ展開幕。ウェブマガジン「週刊てりとりぃ」(フリーペーパー「月刊てりとりぃ」の広報媒体でもあります)にドゥミ展のあらましを書きました。どうぞご一読ください。縦書きです!

http://weeklyterritory.blogspot.jp

2014年08月16日

2014/08/16

世界の映画批評家・映画作家が選ぶBFIのオールタイム世界ドキュメンタリー映画の選出結果。やはり『カメラを持った男』なのか。日本作品の最高位は『ゆきゆきて、神軍』の23位。次が今村昌平『人間蒸発』。

http://www.bfi.org.uk/sight-sound-magazine/greatest-docs-full-poll/

映画の中のシェルブールの傘屋さんは、今はパッチワーク専門店だそうです。

f:id:atelier-manuke:20140816172531j:image

2014年08月03日

2014/08/03

夏の午後に…。ローラ・フィジィによる『シェルブールの雨傘』。ゴージャス。

D

2014年07月20日

2014/07/20

ドイツの映画ポスターデザイナー、ハンス・ヒルマンが5月4日に亡くなっていたと知りました。88歳。無比の傑作『七人の侍』を。

f:id:atelier-manuke:20140720234303j:image

2014年07月07日

2014/07/07

スレイマン・シセ、イドリッサ・ウエドラオゴなどの監督を育て、「仏語圏アフリカ映画の母」ともいえる存在だったフランスプロデューサー兼編集者アンドレ・ダヴァンチュールが1日死去。シセの『ひかり』をシネヴィヴァン六本木で観たことが思い出されます。

2014年07月06日

2014/07/06

これが映画都市です。

f:id:atelier-manuke:20140707011638j:image

2014年07月05日

2014/07/05

シネマテーク・フランセーズへ五年ぶりに来てみて、映画資料データベースで今回舌を巻いたのは、ポスターの登録項目にシソーラス機能がついていたこと。例えば猫のいるポスターのシソーラス欄に「猫」と入力しておくと、いずれは猫のいるポスターだけが検索できるようになる(過去の登録品に遡及するのが大変そうだが)。すると「猫のいる映画ポスター展」がすぐに企画できる。「映画ポスターにおける猫のグラフィズム」という論文も書ける…。どこまでやるんじゃい。