Hatena::ブログ(Diary)

あと1mm足りない! Twitter

2010-09-07

ニーハオ!ウォージャオ「イーチェンウーバイジウシージウハオミー」!チントゥオグァンチャオ!

01:46

・・・はい、という訳で、ただいま中国出張中でございます。

中国出張はかれこれ4回目ぐらいですが、

来るたびに日本と全然違うなぁ、と思い知らされますねー。

特に、一般的な中国人の食事とトイレは、人によっては

かなりキツイものがあります。

まず食事。とにかく油ギッシュ。

仕事現場で、中国の人達と同じ弁当を食べる事が多いですが、

その弁当、料理どころか、容器まで油でギトギトです。

f:id:ato1mm:20100905122406j:image

写真左のプラ容器は、外側も油まみれなので、

どんなに気をつけても、手に油が付いてしまいます。

味はまぁなんとか許せるレベルですが、

人によっては即効で胃がもたれるでしょうね。

年配の方にはとてもじゃないがオススメできない。

そしてトイレ。彦摩呂風に言うと

「まるでウンコの万国博覧会や〜!」といった感じ(失礼)。

こちらも実物を見てもらった方がてっとり早いのですが、

流石にグロ画像は貼れないので、文章で説明させて頂きます…

まず一つ、ドアが無い

外来人の大半は、この時点でアウトの判断を下すでしょう。

だって、力んでる姿が他人から丸見えとか、ありえないでしょ?

感性が根本から違うんだな、と思わざるを得ない。

自分は極力、ホテル内の洋式のトイレで済ますようにしています。

よっぽどの緊急事態でない限り、あの様式のトイレは使う事は無いでしょう。

そしてもう一つ、流さない

出したそのままの状態で保存するのが中国式のようです。

「大便は添えるだけ」という日本にはあるまじき発想(日本でもうっかりさんがたまにやらかすのを見かけてしまいますが)。

他人の排泄物が整然(?)と並ぶ様は、まさに展示会のようです。

この展示会はハエとスカトロ好きをメインターゲット層にしているのでしょうか?よくわかりません。

-------------------------------------------------------

生活様式とか食事とか考え方とか、何もかもが違う中国

中国出張はかれこれ4回目ぐらいですが、

来るたびに日本と全然違うなぁ、と思い知らされますねー。

(大事な事なので2回言いました)

2010-08-29

「Believe in yourself」「Good luck!!」「Try,try,try!」アメリカ人のポジティブシンキングっぷりは異常

18:00

先程、とある人物にメールを送りました。

いや、ちょっとした催促をする為にメール送ったんですけどね。

ついでだと思って、勢いで説教的な事まで書いてしまいました。

さらについでなので、その説教文章をブログにも貼っときますね。

以下、メールの内容を抜粋したものです。

------------------------------------------------------------

(前略。ちょっとした催促に関する文章を前略。)

あと、ついでだからこれも言っとく。

もの凄い説教臭くて、耳に痛い話になるけど。

とりあえず、優柔不断は直した方がいい

一人で世界中飛び回って仕事こなしてる身から言わせてもらうと、

どんな仕事をやるにしても、判断力は高くないと、

その業界で高い地位には付けないと思う。

キミの業界だって、本業以外にも細かい判断が

必要になってくる場面なんかいくらでもあるだろうし。

前々から本読んでメンタル改善を云々言わせてもらってるけど、

この様子だと、まだ意識改革までには至ってないっぽいね。

これだけは言っとくけど、基本的に習慣・意識の変更なんて、

一つや二つの本読んだだけで簡単に変わるとは思うなよ?

本にだって相性や当たりハズレがあるし(当たりは5冊中1冊、

大当たりは20冊に1冊ぐらいと思った方が良い。)

最初は理解できなかったけど、他の本読んでる内に

後から理解できるようになる事だってある。

とにかく、メンタル改善は地道にやるしかないからね。

続けてさえいれば、どこかのタイミングで急激な変化が訪れるから。

活字が苦手なら、漫画や漫画関連の本でも、

自己啓発のヒントになる本はいくらでもあるよ。

特にリアル志向のスポーツ漫画は、自己啓発のヒントが

山盛りに詰まってるよ。

少年マガジンテニス漫画「BebyStep」とか、

あとはおおきく振りかぶってがおススメかな。

巻数も少なめだし、連載中だし、

キミの周りの友達とかが持ってそうだから借りるのも手かも。

そうだ、スラムダンク勝利学」って本も良いかもね。

http://smoothfoxxx.livedoor.biz/archives/50735221.html

自分は読んだ事無いけど、キミはスラムダンク好きだし、

一番水に合う自己啓発本かもしれない。

ともかく、落ち込んだ時に、モチベーションを回復させる手段は

本でも人でも趣味でも、できるだけ多く集めておいて、

いざという時に使えるように(人に対しては相談できるように)

しておいた方が良いと思うよ。

そういうのに対してはいくらお金や時間を使っても、

将来的には必ずプラスになる事だから、積極的にやった方が絶対良いよ。

・・・とまぁ、もの凄く長くなったけど、説教終わり。

最後に、3つの言葉をプレゼント。

「BabyStep」9巻からの引用になるけど、

キミにも当てはまりそうだから最後に貼っとく。

どの台詞も、テニスプロを目指す主人公が

アメリカ合宿の練習試合に負け続けスランプになった際に、

周りの人たちから送られた励ましの台詞ね。

ひとつめ。現プロで同世代のライバルからの台詞。

『君はプロになりたいんだよね?

あせっても・・・落ち込んでも・・・何も変わらない

リラックスして 積極的(ポジティブ)にだよ

Believe in yourself (自分を信じろ)』

ふたつめ。上記ライバルの、ツンデレ妹からの台詞。

『お兄ちゃんだって同じだよ

プロになって勝ち負けが生活にかかわるようになってから

負けが続いてる

あたしも頼りないし 家族の生活のこともあるから

プレッシャーに苦しんでるんだと思う

でも みんな同じだよ ここにいる人達は

キミと同じでプロでやりたいから勝ちたいけど

誰だって負けが続くことがある・・・

でも そういう時こそ 本当にプロでやっていけるかが試される

プロの世界は 負けた人じゃなくて 自分を信じられなくなった人が

脱落しているんだ・・・・・・ってよくお兄ちゃんに怒られる・・・・

・・・・だいたいアンタなんてまだ 私と一緒でプロでもないクセに

クヨクヨしてんじゃないわよ!!』

みっつめ。主人公のメンタルトレーニングコーチより。

あとは頑張ってるキミに「頑張れ」とは言わないことくらいだよ

だから アメリカには いい言葉がある

Good luck!!キミの幸運を祈ってるよ!




まぁBabyStepは自己啓発漫画として神レベルだから、

どっかのタイミングで読む事を激しくおススメしますって事で。

以上、メール終わり。長文読みお疲れー。

------------------------------------------------------------

以上がメールの内容の一部です。

メールを送った相手が、これを読んで脳内革命でも起こして

頭がパーンしてくれれば、と思い書きました。



あと、もう一つ、自分が実際に体験したエピソードも、

ブログの方に書いておきます。

アメリカ&ポジティブシンキングつながりって事で、

この際ついでに書いておきます。


------------------------------------------------------------

あれは確か、去年の10月、仕事の関係で、

アメリカへ出張へ行った時の出来事です。

客先の日本人担当者の方と、協力しながら

仕事を進めていったある日の事です。

今日の夕食は、本場アメリカの1ポンド(約450グラム)ステーキを

御馳走してもらえるという事で、ワクテカしながら

ホテルの前で待ち合わせをしていた時の事です。

ルンルン気分でホテルの入り口に出た瞬間、

肩にイレズミの入った、どうみてもヤ○キーです

本当にありがとうございました的な風貌の、

ちょい肥え気味のスキンヘッドガチムチ兄貴と遭遇!!

思わず後ずさりする俺・・・

しかし、俺の姿を見るや否や、

なんと向こうから英語で話しかけて来たのです!

こちとら英語なんて、中学2年生レベル程度しか話せません。

しかも、相手は本場のアメリカ人。

一応、簡単且つゆっくりとした発音で話しかけてきているものの、

それでも分からない&聞き取れない単語が多すぎる。

その上こっちがビビりまくっているので殆ど会話になっていない。

以下うろ覚えの会話内容。『』は英語、「」はそのままの発音。

------------------------------------------------------------

ガチムチ兄貴『きみはどこから来たの?』

うお、いきなり話しかけられた!

どこから来たの的な事を言っている・・・のか?

俺「あー、あいむふろむ・・じゃ、ジャパン?」

ガチムチ兄貴『ジャパン?』

俺「い、イエス

と、かなり引きつったジャパニーズスマイルで答える俺。

ガチムチ『キミ、英語話せるの?』

俺「ノ・・・イエス、リトル、キャナイスピークイングリッシュ、リトル」

指で「ちょっと」を表現しながら話す俺。

なんだか文法がおかしい、ちゃんと伝わっているのだろうか…

ガチ『へぇー、キミはいつまでアメリカに?』

あぇっ?今なんて言った?

俺「ソーリー・・・ワンモアプリーズ」

ガ『いつまでアメリカにいるの?』

俺「・・・ア、アメ?」

・・・いつまでココにいるのか聞いてるのか?えーとあと1週間ぐらいか?ハロウィン直前の月末に帰るからラストマンスでいいのか?いやそれだと先月になっちまう、10月って英語で何て言ったっけ?ジッセンバーいやそれは12月だ、ノーベンバーだっけ、あれ10月ワカランていうか沈黙しすぎだ俺なにか話さないくぁwせdrftgyふじこlp

と、明らかにキョドりながら押し黙る俺に向かって、

ガチムチ兄貴が満面の笑みで

ガ「Try,try,try!

と、「こっち来いよ」いったニュアンスで両腕を振りながら言う。

俺(へっ?なんか知らんが励まされた?)『えーと、あと1週間で帰ります』

ガ『そうかそうか』

と、ここでガチムチ兄貴の連れが迎えに来たようだ。

去り際に兄貴が

ガ「グッバイ、リトルボーイ!」

と言うので俺も

俺「グッバイ」

と返しながら手を振る。

・・・俺、いくつだと思われてたんだろう。

------------------------------------------------------------

とまぁ、こんな感じの会話をした事があります。

必死で会話してたので、細かい内容は覚えて無いのですが、

大体こんな感じだったハズ。

でも、その時の会話で耳に残っているのは

ガチムチ兄貴が放った励ましの言葉、Try,try,try!

初対面に向かって気さくに話しかけて来た上に、

うまく話せないのに対して励ましの言葉を送るとは・・・

その時は「どんだけいい人なんだよ」とか、

「人は見かけによらんなぁ」とか思ったもんです。

まぁ、以上を踏まえて思った事は

アメリカ人のポジティブシンキングっぷりは異常だなw

という事です。

流石、アメリカ人だな、と、否応なしに思わされますね。

基本、カラッとしたオープンな性格なんですよね。アメリカの人。

ちょっとガサツで大味すぎる所はありますがw

アメリカのメシは「ドン!!!」とか「ドドドドド」とか、ワンピース等の少年漫画に良く出てくる擬音が良く似合うぐらいにダイナミックです。味も大きさも。)

・・・ともかく、アメリカ的ポジティブシンキングは、見習っても損は無いと思います。

皆さんの参考になればと思い、記事を書かせて頂きました。

長文読みお疲れ様でした。そして、読んで頂きありがとうございました。


最後に、今回の記事で挙がった漫画を貼っておきますね。

スポーツ漫画による自己啓発は、10代や社会人入りたての人には

非常に分かりやすい為、おススメです。

自己啓発を主目的に漫画読む人なんか、殆どいないでしょうけどねw)

まぁそれでも、単純に漫画としても面白いので、この機会に読んでみては如何でしょうか。

ベイビーステップ(9) (講談社コミックス)

ベイビーステップ(9) (講談社コミックス)

おおきく振りかぶって (1)

おおきく振りかぶって (1)

スラムダンク勝利学

スラムダンク勝利学

2010-08-27

俺のひとは動画マイリストが火を吹くぜ

00:59

みつどもえ」の丸井ひとははガチレン可愛い。

-------------------------------------------------

いやぁみつどもえ面白いですねー。

D

みつどもえ」とは、週刊少年チャンピオンにて連載されている

変態萌え系小学生変態コメディ漫画です。


[「みつどもえ」とは-ニコニコ大百科]

http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%81%BF%E3%81%A4%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%88

現在ではアニメ化し、テレビにて絶賛放映中です。

それに加え、ニコニコ動画内でも人気エピソードを

無料配信してくれてます。ニコ厨の俺大歓喜。

上記の動画をご覧の通り、変態っぷりが凄まじいです。

公式が病気、いや原作の時点で末期症状

医者が黙って首を横に振るレベルの変態っぷり。

これは非常にニコニコ向けのアニメですね。

--------------------------------------------------

記事の冒頭でひとはマイリストを貼ったのは、

中の人である戸松遥さんの声が素晴らしかったからです。

この人の声すごい可愛いですねー。OPやキャラソンの歌声も良い。

小生、声優さん自体にはあまり興味を示さないタイプなのですが、

それでもこの声質には惹かれますね。


上記動画内の15:08「どうして水性ペンで書いたの〜?」と、

15:59「(ハァハァ)もっと寝てた方がいいですよ、お願いですから」が、

特にお気に入りですね。発音と演技がすこぶる良い。

--------------------------------------------------

まぁ、ひとは抜きにしても、話自体も面白いアニメなので

この機会に是非皆さんも見てみてはどうでしょうか。

(ネタがアレすぎるので、こっそり見るのを激しくおススメしますが・・・)

2010-08-17

ツイッター診断を作ってみた。『野球選手だったらこう呼ばれてたー』

17:23

どうも、今日の笑っていいともを見逃して若干凹んでいる1599mmです。

せっかくタモリさんとキティーちゃんの夢の競演だったのに・・・orz

どんな会話してたのか非常に気になる。どこかで動画うpされてないかな・・・後で探してみるか・・・。

------------------------------------------------------------

まぁ気を取り直して本題。

こんなん作ってみました。

野球選手だったらこう呼ばれてたー

http://shindanmaker.com/40476

4時間ぐらいかけて野球ネタ集めて作ってみました。

野球好きならニヤリとする事請け合い・・・のハズ。

実際やってみて分かったんですけど、こうやってネタ集めるのって面白いですねー。

とくにニコニコ大百科プロ野球選手の記事は終始爆笑しっぱなしでしたw

特に宇野ヘディング事件がツボでしたw

宇野勝とは-ニコニコ大百科

http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%AE%87%E9%87%8E%E5%8B%9D

D

こんな感じで、楽しみながらネタを集めて作ったツイッター診断、

暇な時にでも試してみてください。

ちなみに、他の人の診断結果はハッシュタグ#bbnnで見る事ができます。

なかなかカオスな診断結果が出てるみたいですね。見てて楽しいですw

------------------------------------------------------------

ついでに診断結果のネタを貼っておきますね。

プロ野球選手・野球マンガ・ゲームキャラの称号集みたいな感じになっております。

ネタバレ覚悟で見たい方は続きをどうぞ。

表示文章

プロ野球で活躍している[USER]選手は、ファンの間で『[RESULT1]』、『[RESULT2]』の呼び名が付いています。しかし裏では『[RESULT3]』と呼ばれているようです。

[RESULT1]の診断結果

以下、実在するプロ野球選手より

ミスターフルスイング (小笠原道大、又は中村紀洋

大魔神佐々木主浩

フォークの神様(杉下茂

史上最強の助っ人(ランディ・バース

炎のストッパー津田恒実

小さな大打者若松勉

絶好調男中畑清

世界の盗塁王福本豊

8時半の男宮田征典

ミスター完投(黒田博樹

絶対的守護神豊田清

スーパーカートリオ関根潤三近藤貞雄高木豊

ポストイチロー(該当者多数)

コ○ミ涙目な15球種男(ダルビッシュ有

日本を代表する4番打者松井秀喜

一振りで鯖を落とした男(イチロー

平成の大エース(斉藤雅樹)

史上最高の右打者(落合博満

DEATH13(岩瀬仁紀

アジアの大砲李承

超魔神(セス・グライシンガー

魔将(アーロン・ガイエル

球界最高の投手ダルビッシュ有

赤い彗星シャア・アズナブル…ではなく赤星憲広

魂のエース(黒木知宏

以下、ゲーム・漫画キャラクターより

浪速の変化球男(実況パワフルプロ野球阿畑やすし

9分割のコントロール(おおきく振りかぶって三橋廉

巨砲三銃士ドカベン・微笑三太郎)

小さな巨人ドカベン里中智

宇宙一のスラッガーMr.FULLSWING・猿野天国)

巨人の星巨人の星星飛雄馬


以下、パワプロマイライフより

若獅子

若鷹

若虎

スーパールーキー

三冠王

打撃の神様

ミスターツーラン

サヨナラ男

左殺し

赤バット

鉄壁

打撃職人

ミスタープロ野球

いぶし銀

怪盗

代打の神様

優勝請負人

ミスターパーフェクト

サブマリン

怪物

連敗ストッパー

ガソリンタンク

以下、パワプロ・栄冠ナインより

ナイスガイ

ノリノリ君

球界の至宝

眠れる獅子

燃える男

計算機

クールガイ

若大将

怪童

スナイパー

安打製造機

大砲

ホームランアーチスト

青い稲妻

韋駄天

スピードスター

鉄砲肩

カタパルト

牛若丸

ブンブン丸

オクトパス

鉄人

速球王

剛腕

制球王

精密機械

永久機関

変化球

魔術師

鉄仮面

鉄腕

ドクターK

ラッキーボーイ

クセ者

強心臓

お祭り男


以下、パワプロプロ野球スピリッツの特殊能力より

バント職人

アベレージヒッター

守備職人

チャンスメーカー

中継ぎエース

シリーズ男

夏男

満塁男

初回先頭打者HR

ムードメーカー

その他(汎用的な呼び名・元ネタ失念)

豪速球のバケモノ選手

守備のスペシャリスト

サイクルヒッター

コンタクトヒッター

超高校級ルーキー

黄金の左腕

闘将

代打の切り札

ゴールドグラバー

癒し系

オールラウンダー

リーディングヒッター

無敵のヒーロー

神の子



[RESULT2]の診断結果

([RESULT1]に同じ)

[RESULT3]の診断結果

以下、実在するプロ野球選手より

夜の三冠王鳥谷 敬)

暴投王(新垣渚

泣き虫王子(佐藤由規

スペランカー多村仁志

動けデブ(村田修一

恐怖のゲッツー量産マシン(ニックン)

夜の帝王(岸孝之

脳味噌プリン瀬戸輝信

ほぼイキかけた男(イチロー

荒ぶる有袋類ドアラ

ゆで卵が大好きな男(板東英二

わしが育てた星野仙一

無類のガンダム好き(落合博満

きょじゃくぱんだ(高橋由伸

異性のストライクゾーンの広さは球界一(谷佳知

異性に対する守備範囲が広い男(谷佳知

ドアラ中の人森野将彦

国民的置物(李承

顔がウナギイヌにそっくり(阿部慎之助

(頭が)最も輝いている選手(和田一浩

まゆ毛が太い(城島健司

外国人みたいな名前(城島健司

水樹奈々のファン(矢野燿大)

ツイッタープロ(ダルビッシュ有

9800円の紳士(二岡智宏

球界屈指の恐妻家中村紀洋野村克也落合博満

腐女子に目を付けられた男(川崎宗則

極端な熟女趣味の男(ロベルト・ペタジーニ

セ界の神(井端弘和

プロリハビリスト(清原和博

内野フライをヘディングする男(宇野勝

借金王(桑田真澄

20世紀の珍プレーキング(達川光男



以下、パワプロより

暴れん坊

扇風機

瞬間湯沸かし器

ガラスのハート

ムラッ気

逆シリーズ男

夜の弾道4

連勝ストッパー

ごく稀にアフロ化する人(猪狩守

語尾が「〜やんす」の人(矢部明雄

きんつばが大好きな人(六道聖)

その他(汎用的な呼び名・元ネタ失念)

腰痛持ち

契約金泥棒

荒れ球

炎上

アウトマン

帳尻

四球

永遠の秘密兵器

暴れ馬

球界を代表するマスコット

珍プレー製造器

2010-08-15

新しいツイッターの使い方を考えてみた。

20:46

10円払ってツイッターで英文を送れば、人力で日本語に翻訳した文章をリプライで返してくれるwebサービスを、つい先程閃きました。

誰でも始められる小遣い稼ぎ!

的な名目で始めると、現役学生さんを中心に、良い感じに流行るのではなかろうかと。

翻訳する側は小遣い稼ぎ兼外国語の勉強になるし、

翻訳してもらう側はツイッター上で手軽に翻訳してもらえるしで、

どっちにもメリットがあるのではないでしょうか。

まさにwin-winの関係!やったねたえちゃん!

------------------------------------------------------------

このサービスが実現したら、人力な分、エキサイト翻訳よりはマシな翻訳をしてくれるでしょうね。

使った事ある人なら分かるでしょうけど、アレめちゃくちゃ酷いですからねw

だって、動画にネタにされる程ですよw

D

まぁ、上記の動画は再翻訳なので、実際のエキサイト翻訳は上記の酷さを2分の1にした感じと考えてもらえば良いかと。

エキサイト翻訳の凄さは、実用性よりもネタ性の方が上回るコンテンツを、大真面目にやっている所だと思う(笑)

・・・いや、それは流石に言い過ぎですね。ごめんなさい。

------------------------------------------------------------

まぁ、ツイッターじゃなくても良いんだろうけど、即時性とかコンテンツの価値・相場、気軽さを考えたらやっぱりツイッター上で完結した方がいいか思います。

まぁ、

お金のやり取りをどうするか、

とか、

長文を翻訳して欲しい場合はどうするんだ、

とか、

そもそもツイッター上のみでこういったビジネスが成立するのかどうか

とか、

もし翻訳サービスしてくれる女の子ついったらーに、官能的な英文を送りつけて、モニター越しに恥ずかしがっている様を妄想してニヤニヤする馬鹿な輩が現れたらどうするんだ、

とか、

実際始めようとしたら、色々と問題は山積みなんですけどね。

少なくとも、ある程度のルール、というかガイドラインを、ツイッター外で定めて管理する組織が必要となってくるでしょうね。

契約違い(翻訳返信が遅い、翻訳が間違っている、翻訳すらしてくれない)とかあったらコンテンツの意味が無いですし、その辺の問題をどうクリアしていくかによっては、かなり良質なWEBコンテンツになるかもしれません。

まぁ、誰でもパッと思いつく程度の事なので既に誰かがやってるかもしれませんが。

むしろハッシュタグを作って(例:#honyakuENGJPN)、そのハッシュタグの認知度を上げてあげるだけで事足りるんじゃ・・・

・・・

あ、

うん、今気付いた。

有料サービスにするより、ハッシュタグ使った方が広がるなw

タダだし、翻訳の勉強になるし、翻訳がおかしい場合は誰かが訂正してくれるだろうし、まさに一石複鳥ですね。

たまに嘘翻訳を書いて大喜利的な感じで楽しむ、ってのもアリだな・・・。

あ、いや、これだと嘘を嘘と見抜けない人でないと(このハッシュタグを使うのは)難しくなるか。

・・・そういうルールは、#usohonyakuタグを追加するようなルールにしてしまえば回避できるかな?

------------------------------------------------------------

しかし、認知度の問題をどうしようか・・・。

こういうのは翻訳する人が一定数以上いないと機能しないだろうし、

かといって、自分一人で広めようにも、ただの無名ブロガーが宣伝しても効果は薄いだろうし・・・

うーん。どうしたものか。

・・・

・・・とりあえず、自分が知ってる中で、一番ツイッターに詳しいと思われる津田大介さんに、この記事をくっつけたリプライ送ってみます。

アイディア採用してくれたら、RTで拡散してくれるだろうし、

問題や疑問点、あればリプライしてくれるだろうし、

話にならなかったり、既出アイディアであればスルーしてくれるだろうし(笑)

よし…この記事も大体書けたので、今からちょっと津田さんにリプライ送ってくる

どうなるかなードキドキ。

------------------------------------------------------------

(8月16日PM1:00追記)

はい、見事にスルーされましたー(笑)

まぁダメで元々ですし、自分でできうる限りの行動はしたつもりなので特にガッカリはしません。

けっ、決して「津田さんにRTされたらブログのカウンタどんだけ回るだろうなぁグエヘヘヘ」とか、そんなヨコシマな事、1mmぽっちも考えてなんかなかったんだからnすいません1mmぐらい考えてました。

いや、うん、自分はまだまだブロガーとしては無力ですね。

文章でメシが食えるぐらいのレベルになる勢いで、皆に認められる良質な文章が書けるよう、もっともっと精進していきたいと思いますですハイ。